ちはやふる2

アニメ『ちはやふる2』
©末次由紀/講談社・VAP・NTV
放送2013年冬
話数全25話 + OVA1話
制作マッドハウス
声優綾瀬千早:瀬戸麻沙美/綿谷新:細谷佳正/真島太一:宮野真守/大江奏:茅野愛衣/西田優征:奈良徹/駒野勉:代永翼

2年生になったちはやたちが、初めての後輩を迎えて先輩としての悩みと喜びを抱えながら、ライバル校の強敵に立ち向かう。さらなる情熱を燃やす瑞沢高校かるた部の、すがすがしい青春群像劇。

\【ちはやふる2】を見るならココ!/

毎月1,200円分のポイント付与!見放題作品が豊富で最新作が早く見れる!

見放題
1,990/月
31日間無料
U-NEXTで今すぐ見る!

配信されている全ての作品が見放題!海外ドラマがどこよりも充実!

見放題
933/月
14日間無料
Huluで今すぐ見る!
見放題
400/月
31日間無料
今すぐ見る!
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は 動画配信サービス の利用をおすすめします。

※動画配信サービスはお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『はなのいろは』

春。瑞沢高校のかるた部5人は新入部員の獲得に励んでいた。しかし、入部届けを出しに来たのは太一目当てのかるた初心者の女子ばかり、中でも花野菫は太一に積極的な様子。千早はかるた強豪校になるためと言い放ち、自ら教育係をかってでる。

目次に戻る

第2話『こひすてふ』

多くの新入部員が辞めていくなか、残ったのは花野菫と筑波秋博の2人だけ。しかも、菫はみだしなみと太一ばかりでかるたに集中していない。かたや、「下の句かるた」しか知らないという筑波はルールの違いから違反を繰り返す始末。個性的な後輩たちを相手に困るかるた部2年生だったが…。

目次に戻る

第3話『つくばねの』

いよいよ、高校選手権予選! 新入部員たちにとっては初めての公式戦。筑波がオーダーを書き変えてまで試合に出ようとしたことを受け、新入部員も試合に出ることに…。試合を通して、かるたの面白さに近づいていく新入部員たち。一方そのころ、新や詩暢も近江神宮へ向けて動き始めていた。

目次に戻る

第4話『ひとにはつげよ あまのつりぶね』

高校選手権予選準決勝の相手はなんと、白波会のエース坪口が教える朋鳴高校だった! 坪口の作戦で揺さぶられる瑞沢メンバーたち。集中を欠き苦戦をする太一は、部長として、選手としてチームを勝利へ導けるのか―。

目次に戻る

第5話『なほあまりある むかしなりけり』

決勝戦は瑞沢高校対北央学園。オーダー表でもめる北央だったが、前主将のアノ人が読手とわかり両校共に緊張が走る。様々な思いが交錯するなか、東京都で1番強いチームをかけた試合が今始まる。

目次に戻る

第6話『たつたのかはの にしきなりけり』

肉まんくんがまさかの束負け。不利な状況でも奮闘する瑞沢メンバーたち。力と力がぶつかり合う戦いは徐々にその枚数を減らしていく。瑞沢がそれぞれ自分の札しか見ていないなか、北央はある作戦にうって出る。

目次に戻る

第7話『しるもしらぬも あふさかのせき』

東京都予選で勝てなかったことに落ち込む千早。かるたの練習さえ手がつかない様子をみて、母親はあるところに千早を連れ出す。家族の想いや学校からの応援をうけて瑞沢高校かるた部は全国大会へ向けいざ全国大会、近江神宮へ!

目次に戻る

第8話『みかさのやまに いでしつきかも』

ついに始まった全国大会。瑞沢高校かるた部の1回戦の相手はなんと全員が外国人の千葉情報国際高校。世界に進出したかるたに感動する千早だが、慣れない配置と威圧感に力が出しきれない部員たち。日本一を目指す瑞沢高校かるた部は初戦を勝つことができるのか―。そんななか、新は一人近江神宮にやってきていた。

目次に戻る

第9話『わたのはら』

千早たちを応援すべく、1日早く近江神宮にやってきた新。そこでクイーンの若宮詩暢と再会し、団体戦に興味が無さそうな詩暢の発言に引っかかりを覚える。そんなとき福井代表の中学の同級生に頼まれ、新は替え玉として団体戦に出ることに!?

目次に戻る

第10話『むらさめの』

瑞沢高校の2回戦の相手は、秀才ぞろいの山口美丘高校。クイズ研究会として活動する彼らの配置、戦法は独特で瑞沢高校は翻弄されるばかり。そのころ、机君と菫は試合に出ていないがライバルチームの情報収集で一緒に戦っていた。一方、替え玉出場が発覚し新は窮地に立たされていた。

目次に戻る

第11話『さしもしらじな もゆるおもひを』

迎えた全国大会決勝トーナメント1回戦。「机君抜きのオーダーでいい」肉まん君から発せられた予想外の言葉。机くんのノートを見た千早は予選のままのスタメンで行くことを決める。対戦相手は京都代表翔耀高校。選手でいること、常に戦い続ける気持ちを持つことの大切さ、肉まん君と机君二人の想いは――。

目次に戻る

第12話『みそぎぞなつの しるしなりける』

決勝トーナメント2回戦の相手はクイーン戦予選・西の代表、逢坂恵夢を擁する明石第一女子。恵夢と対戦する千早は、以前見たときよりもスピードをつけた恵夢のかるたに圧倒されペースがつかめない。今まで積み上げてきたものを活かし試合の流れを変えられるのか!?

目次に戻る

第13話『ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ』

千早がペースを取り戻したかに見えたが、なかなか連取はさせてくれない恵夢。お互いのチームメイトたちも白熱した戦いを見せるなか、少しずつチームとしてまとまっていく両校。チームとしての強さはどちらが上か!? 本気と本気でぶつかり合う試合の行方はいかに―。

目次に戻る

第14話『ものやおもふと ひとのとふまで』

次第に場にある札が減っていく。先に1勝の勝ち名乗りを上げたのは明石第一女子だった。大事な場面で負けたことを悔やむ肉まん君。そのときすかさず奏ちゃんから1勝の声が!! 1勝1敗で迎えるなか、次に勝利の声をあげるのはどちらのチームか?? 千早と恵夢、クイーンを目指す2人の戦いの結末は―。

目次に戻る

第15話『たごのうらに』

瑞沢かるた部は遂に決勝戦進出。相手は昨年団体優勝の富士崎高校。準決勝で怪我を負っていた奏ちゃんのかわりに筑波くんが出場することに。一方、3年にA級揃いの富士崎は、決勝をベストメンバーではなく1名下級生に入れ替えてのオーダーを組んでいた。その真意とは一体? 優勝を目指して、全国大会決勝の火蓋が切って落とされる!

目次に戻る

第16話『みゆきまたなむ(総集編)』

瑞沢高校2年生になった千早たちは、かるた部の新入部員を募集するため苦労する。その結果、1年の花野菫と筑波秋博を新たに迎えた瑞沢かるた部は、悩みと喜びを抱えながら2度目の全国大会へ一歩一歩進んでいく。

目次に戻る

第17話『ふくからに』

専任読手の山城今日子の読みではじまる決勝戦。千早の対戦相手はその山城専任読手の孫、山城理音。序盤から感じのいい理音に連取を許してしまう千早。他の部員たちも富士崎の選手たちに圧倒される。千早と理音、お互いに本気でぶつかる二人の試合は思わぬアクシデントを呼び寄せる。

目次に戻る

第18話『わすれじの』

瑞沢かるた部全員の「諦めない」思いがそれぞれの試合を白熱させていく。千早は怪我の痛みに耐えて試合を続けていた。それでも強い人と試合ができる喜びをかみしめながら、常に本気のかるたをする千早に。理音は―、そんな試合をみるクイーンは―。

目次に戻る

第19話『ゆくへもしらぬこひのみちかな』

3勝して優勝。太一のあきらめない一言に行動に部員たちは勇気づけられていく。積み重ねてきた経験や練習を全て詰め込んで最後まで諦めない瑞沢かるた部。瑞沢高校、富士崎高校両校、両校の戦いはクライマックスへ! ここにかるた日本一の高校が決定する―。

目次に戻る

第20話『あきのたの』

団体戦で優勝し、日本一になった瑞沢高校かるた部。優勝の重み、ここまでの道のりに対しての想いが湧き出してくる。そんななか、千早は指の痛みを感じ病院へ。千早の怪我の心配がされるなか大会2日目、クイーンや新が出場する個人戦が始まる。

目次に戻る

第21話『なこそながれてなほきこえけれ』

千早は怪我をしている右手をかばい左手で試合に出場することに。そんな1回戦の相手は明石第一女子の夕部。左手で取るかるたの違いに戸惑う千早。1回戦突破はできるのか。そしてライバルたちもまた、熱い試合を繰り広げていく―。

目次に戻る

第22話『めぐりあいて』

準々決勝まで進んだ千早。対戦相手はクイーン若宮詩暢。千早は全力を出すために怪我をしている右手で対戦することに…。全力で向かってくる千早に詩暢は何を思うのか。手加減なしの真剣勝負の行方は?

目次に戻る

第23話『をのへのさくらさきにけり』

個人戦決勝戦。A級は新とクイーン。B級は太一と理音。会場が違う決勝戦は瑞沢高校かるた部もそれぞれが別々の試合を観戦することに。新と太一、どちらの試合を応援するか迷う千早の出した答えは―!?

目次に戻る

第24話『かくとだに』

B級個人戦優勝を果たした太一。自分のことのように喜ぶ千早。A級決勝の新とクイーンは僅差で新が勝っていた。多くのギャラリーが見守るなか、一進一退の攻防が続く。あそこに座りたかった悔しさと二人の強さに圧倒され、2人のかるたにどんどん引き込まれる千早。果たして、結果は―。

目次に戻る

第25話(最終回)『ふじのたかねに ゆきはふりつつ』

新VSクイーンの試合は終わった。最強と言われるクイーンを倒した新に対し会場の注目は集まるが、千早は素直に喜べない。どうしてそんなかるたが取れる―。決勝での新の試合を目の当たりにして千早の想いとは―。

目次に戻る

OVA『わがみよにふるながめせしまに』

目次に戻る