はねバド!

アニメ『はねバド!』
©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年11月時点のものです。
放送2018年夏
話数全13話
制作ライデンフィルム
声優羽咲綾乃:大和田仁美/荒垣なぎさ:島袋美由利/泉理子:三村ゆうな/藤沢エレナ:小原好美/コニー・クリステンセン:伊瀬茉莉也/志波姫唯華:茅野愛衣/芹ヶ谷薫子:下田麻美/石澤望:櫻庭有紗/立花健太郎:岡本信彦/太郎丸美也子:小松未可子/羽咲有千夏:大原さやか

少女たちが飛んで、跳ねて、駆ける――インターハイを目指す、県立北小町高校バドミントン部の軌跡を描いた、マンガ「はねバド!」(濱田浩輔/講談社『good!アフタヌーン』連載)が待望のアニメ化!!運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける1年生[羽咲綾乃]。日本一を目指し日夜練習に明け暮れる3年生の[荒垣なぎさ]。部を支える仲間やコーチ、そして個性溢れるライバルたち。超高速で舞う羽根(シャトル)に想いを乗せて、青春バドミントンストーリー開幕!!

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る

見放題
31日間無料
今すぐ見る
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『スッゴい才能!』

北小町高校バドミントン部の主将・荒垣なぎさは、昨年の全日本ジュニアで、とある少女に1ポイントも取れず惨敗した。それ以来スランプに陥り、自分や他の部員たちに厳しく当たる日々を送ってきたなぎさ。「アタシたちは天才じゃないんだから、努力するしかない……」半年後。そんななぎさの前に、ひとりの新入生が現れる……

目次に戻る

第2話『運動の後の肉は格別ッス!』

綾乃の存在に焦るなぎさ。親友の理子、後輩の悠らチームメイトの心配をよそに、以前にも増してがむしゃらに努力を重ねるが、スランプからは脱せず、日に日に苛立ちを募らせる。「才能のない人間は……才能のある人間の引き立て役でしかないのかよ!」そんななぎさを見て、新任のコーチ・立花は、ある行動に打って出る……

目次に戻る

第3話『アイツは完璧だった』

徐々にバド部に馴染み始める綾乃を、複雑な面持ちで見つめている幼馴染のエレナ。一方なぎさは、全日本ジュニアの時とは別人のような綾乃に違和感を抱いていた。そんななか、綾乃の前に、港南高校の1年生エース・芹ヶ谷薫子が現れる。薫子を前に動揺を隠せない綾乃。どうやら、二人の間には何か因縁があるようで……

目次に戻る

第4話『私も今、迷子なんだ』

合宿にやってきた北小町高校バド部。そこで一行を待ち受けていたのは、宮城の超強豪校・フレゼリシア女子バドミントン部だった。北小町VSフレ女で練習試合を行うことになり、ひそかにはりきる綾乃。「初めて、みんなと一緒に戦う試合……!」そんななか買い出しに出かけた綾乃は、一人の少女と出会う……。

目次に戻る

第5話『一人じゃないよ』

デンマーク代表でもあるコニーが、桁外れな強さで綾乃&理子ペアを圧倒。フレ女の面々は個人プレーに走るコニーに憤るが、主将の志波姫だけは静かに試合の行く末を見つめている。一方、北小町サイドでは、コニーの意味深な言葉に動揺した綾乃がパニックに陥っていた。そんな綾乃を見かねた理子がかけた言葉は……。

目次に戻る

第6話『最後の夏なんだもん!』

インターハイ予選が迫り、練習に熱が入る北小町高校バド部。なかでもひときわ気合が入っている理子は、なぎさに熱い思いを語る。「全国目指して頑張る! だって、最後の夏なんだもん!」そんなある日、予選の対戦表を見ながら盛り上がる部員たちのなかで、理子はひとり浮かない表情を浮かべていた。

目次に戻る

第7話『あんな子、瞬殺してみせる』

インターハイ予選3回戦。綾乃の対戦相手は、中学時代の因縁の相手・薫子。以前対戦した時とはガラリと雰囲気が変わった綾乃をいぶかりつつも、自信満々で綾乃の前に立ちはだかる。挑発してくる薫子に、綾乃はにっこりと微笑んで啖呵を切り返すのだが……。

目次に戻る

第8話『私のやりたいバドミントン』

インターハイ予選準々決勝。全国出場をかけてなぎさと戦うのは、中学時代のチームメイト・石澤。いつにもまして気合の入るなぎさだが、立花は、なぎさが膝に不安を抱えていることを見抜いていた。一方、対戦相手の石澤も、なぎさとの試合には特別な想いがあるようで……。

目次に戻る

第9話『なりたいのは〝友達〟じゃない』

なぎさと綾乃によるインターハイ予選決勝を目前に控えた北小町高校バド部。綾乃の様子もどこかおかしいまま、部内には緊張感が漂っていた。そんなある日、練習を終えたバド部の前に意外な人物たちが現れる。「Jeg ventede et øjeblik(ちょっと待った)!!」

目次に戻る

第10話『バックハンドの握りはこう』

全日本ジュニア出場時の冷酷さを完全に取り戻す綾乃。「今のなぎさちゃんじゃ、私とは勝負になんないんじゃない?」綾乃の本来の実力を目の当たりにして表情を翳らせるなぎさ。膝への不安も消えず、ついには立花から棄権するよう言い渡される。そんななか、男子のインハイ予選の日がやってきて……

目次に戻る

第11話『バドミントンが好きだから』

インターハイ予選決勝前夜。綾乃となぎさは、過去の自分に思いを馳せていた。一人、自問を繰り返す綾乃。「なんのために、私はバドミントンをやってきたんだろう……?」綾乃にスコンクで敗れた昨年の全日本ジュニアを追想するなぎさ。それぞれの思いを胸に、二人の対決が幕を開ける……。

目次に戻る

第12話『足を前に出しなさいよ!』

ついに始まった綾乃VSなぎさのインハイ予選決勝。試合序盤はなぎさの作戦が功を奏し、優位に試合を進めるも、不穏な笑みを浮かべる綾乃。そして放たれたショットは……!?一方コートの外では、エレナを前に、有千夏がかつて綾乃の前から姿を消した理由を語りはじめる……。

目次に戻る

第13話(最終回)『あの白帯の向こうに』

白熱する、綾乃VSなぎさのファイナルゲーム。なぎさリードが開くなか、バドミントンをやる意味を探しながら捨て身の覚悟で試合を続ける綾乃。そんな綾乃に、全力で応えるなぎさ。最後に、勝負を制したのは……。

目次に戻る