ひぐらしのなく頃に(第1期)

アニメ『ひぐらしのなく頃に』
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年12月1日時点のものです。
話数全26話
放送2006年春
制作スタジオディーン
声優前原圭一:保志総一朗/竜宮レナ:中原麻衣/園崎魅音:雪野五月/北条沙都子:かないみか/古手梨花:田村ゆかり/大石蔵人:茶風林/富竹ジロウ:大川透/鷹野三四:伊藤美紀/知恵留美子:折笠富美子/園崎詩音:雪野五月/北条悟史:小林ゆう/入江京介:関俊彦/熊谷勝也:川村拓央/小宮山:鶴岡聡/富田大樹:松元惠/岡村傑:瀧本富士子/園崎お魎:尾小平志津香/園崎茜:井上喜久子/魅音の父:廣田行生/園崎義郎:小伏伸之/葛西辰由:立木文彦/公由喜一郎:塚田正昭/牧野:樫井笙人/赤坂衛:小野大輔/赤坂雪絵:水野理紗/犬飼寿樹:金田晶代/北条鉄平:宝亀克寿/北条玉枝:くじら/間宮リナ:渡辺美佐/前原伊知郎:松本保典/前原藍子:松井菜桜子/レナの父:中野元/レナの母:須加みき

昭和58年夏。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・仲間との他愛のない日常を過ごしていた。それは、永遠に続くかに思えた。毎年6月に行われる祭、「綿流し」。そう、その日も楽しい一日になるはずだった。雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。事件の真相は?犯人は?圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。そう、すべてが・・・ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、少し、早めの夏を告げていた。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
14日間無料
今すぐ見る

見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『鬼隠し編 其の壱 ハジマリ』

『あの時うるさい程に鳴いていたひぐらしは、今にして思えば、これから始まる全ての事を教えようとしていたのかもしれない…これからおこる全ての事を…』 …昭和58年初夏。 山奥の寒村・雛見沢村にて、前原圭一はごくありふれた毎日を過ごしていた。都会から引っ越してきたばかりの圭一だったが、毎朝一緒に登校してくれるレナや、ゲームに真剣に興じる魅音・沙都子・梨花ら仲良しグループのおかげで、楽しい日常を築き始めていた。そんなある日、圭一は偶然会ったカメラマンの男性から、村にまつわる怪死事件の存在を知る…

目次に戻る

第2話『鬼隠し編 其の弐 隠しごと』

『そして、5年目の綿流しってのは…つまり…』『今日なのよ…』 …ダム工事に関連するバラバラ殺人事件、それは確かな事実だった。 衝撃を受けながらも所詮他人事だと思っていた圭一は、レナたちから「綿流し」という、雛見沢に代々伝わるお祭りの話を聞く。祭りの当日、いつもの部活メンバーと屋台巡りをして楽しむ圭一だったが、そこで今度はお祭りの夜に毎年起こる、ある「出来事」を聞かされ…

目次に戻る

第3話『鬼隠し編 其の参 疑心』

『明日、学校休んじゃ“イヤ”だよ…?』『しないよね、圭一くんは…?……転校。』 …かつて学校に在籍していた「悟史」という少年。大石の話によれば彼は沙都子の兄であり、そして一年前に失踪したという。毎年起こる連続怪死事件の被害者たちは何故か必ず部活メンバーに関係があり、そして次に狙われるのは圭一かもしれない、と…。その言葉を裏付けるように、その日から周囲の様子が怪しくなっていく…そしてついに圭一の身に危険が!?

目次に戻る

第4話『鬼隠し編 其の四 歪』

『圭一君の相談にのれるのは私だけ…圭一君を転校なんかさせないから…』 …両親の留守宅に訪ねてきたレナ。圭一はそのいつもと違う不気味さに、思わず閉め出してしまう。次の日、護身のためのバットで素振りを繰り返す圭一に、魅音が残した謎の捨てゼリフ。下校途中に鉈を持って現れるレナ。逃げ出した圭一の前に立ち塞がる、二人組の男たち。気絶させられた圭一が目を覚ましたとき、そこには…

目次に戻る

第5話『綿流し編 其の壱 嫉妬』

『だ…だから違うんです……私! …魅音じゃないんです!』 …今日の“部活”は町のおもちゃ屋でのカルタ取り大会。圭一は「口先の魔術師」の実力を遺憾なく発揮し、魅音との一騎打ちに持ち込む。…がしかし、魅音がバイトへ行く時間になり、勝負はお預けに。店主から貰ったかわいらしいぬいぐるみを、圭一はレナにあげてしまう。その後、一人でレストラン「エンジェルモート」に入った圭一。そこにはウェイトレス姿の意外な人物が…!?

目次に戻る

第6話『綿流し編 其の弐 タカノ』

『圭ちゃん、ワタって言いません?…臓物のこと。』 …今年も綿流しの夜がやってきた。祭りの最中、圭一は富竹や鷹野、詩音と会い、雛見沢ダム計画にまつわる連続怪死事件の話を聞かされる。毎年一人が死に、もう一人が行方不明になっている事実…そしてそのままの流れで、古手神社内にある“禁断の”祭具殿に忍び込む4人。祭具殿の中に隠された真実、そして鷹野の口から驚くべき考えが明かされる…!

目次に戻る

第7話『綿流し編 其の参 嘘』

『姉猫はとても怒っています。妹猫が悪いことをしたので、とっても怒っています。』 …村長が行方不明になった翌朝、不安になった圭一は、祭具殿へ忍び込んだことを梨花に打ち明けてしまう。その晩、圭一との電話で詩音は「村長さんが行方不明になったのは自分があの晩のことを話したからだ」と告白する。動揺し、梨花の身に危険が及ぶことを心配する圭一。そしてついに不安は現実のものとなり…!

目次に戻る

第8話『綿流し編 其の四 願い』

『初めまして、ご挨拶申し上げます。園崎本家当主跡継ぎ…魅音でございます』 …沙都子と梨花の失踪、それを解き明かすレナの推理。…回覧板に書かれたある案内文が、それを裏付けていた。 圭一が祭具殿へ忍び込んだことを魅音は知っていた、とレナは言う。しかし魅音が怒っていたのはその事実ではなく、圭一がそれを隠していたことだ、と。直接会って謝罪するべく、圭一はレナと共に園崎本家へ向かう。そこで対面した魅音は、二人の知らない顔を持っていた…。

目次に戻る

第9話『祟殺し編 其の壱 兄』

『悟史っていうのは、私のにーにー…じゃなくてええと…兄なのですのよ』 …両親不在の前原家で慣れない料理にチャレンジする圭一。案の定、あわや火事の大騒ぎを起こすが、そこへ駆けつけた沙都子と梨花によって惨事は免れ、さらに沙都子の手料理までご馳走になることに。そこで沙都子には仲の良い兄がいたこと、そして1年前に家出してしまったことを聞く。圭一に兄の姿を重ねる沙都子。食卓を囲み、3人は楽しい団欒のひと時を過ごすのだった。

目次に戻る

第10話『祟殺し編 其の弐 キズナ』

『強くなって悟史くんの帰りを待つのが沙都子ちゃんの生きる理由なんですよ…』 …沙都子が学校を欠席した。大石という刑事が沙都子を尋ねて学校へやって来るが、その乱暴な態度に圭一は不吉な印象を受ける。そこへ通りがかった入江の口から、沙都子の辛い過去が語られた。両親を失った後、叔父夫婦に引き取られた沙都子は、その夫婦から虐待を受けていたというのだ。しかもその叔父がつい最近雛見沢に帰ってきたという 噂を聞いて、ますますイヤな予感を募らせた圭一はその家を訪ねてみるが…

目次に戻る

第11話『祟殺し編 其の参 境界(さかいめ)』

『このまま放っておけば沙都子は確実に壊れてしまう…だから、俺は決心したんだ…』 …教室で突如暴れだした沙都子の姿を見て、魅音たち部活メンバー一同は心を痛めながらも結局何も打開策を見つけることができない。しかしこのままでは叔父の虐待によって沙都子の精神が破壊されてしまうのは時間の問題でしかない。追い詰められた圭一はついに、ある決断を下す…。

目次に戻る

第12話『祟殺し編 其の四 失しモノ』

『死体…上手に埋められた?…』 …沙都子の叔父殺害決行の夜、鷹野の車で家まで送ってもらった圭一は、何かを知っているかのような鷹野の口調に不審な印象を抱く。そして次の日登校すると、周囲の生徒たちは「昨晩、 圭一が綿流しの祭に参加していた」と口を揃えて言う。そんなことはありえるはずがないのに…!何が何だかわからなくなった圭一は、入江に相談をするが…。

目次に戻る

第13話『祟殺し編 其の伍 謝罪』

『わからない!わからないけど俺が念じると本当に死んじまうんだ!!』 …沙都子の叔父をこの手で殺したのは幻だったのか?…圭一は真実を確かめるため、北条家へ向かう。そこには一晩中浴槽に浸かって意識朦朧とした沙都子の姿があった。慌てて助け出し、入江診療所へ連れて行く圭一。ところが診療所はパトカーに囲まれていて…

目次に戻る

第14話『暇潰し編 其の壱 ヒナミザワ』

『赤坂が何をしてもしなくても、ダム計画は今年で終わりになってしまうのです…もう決まっていることなのですよ…』 …昭和53年6月。時の建設大臣の孫が何者かによって誘拐され、東京の公安調査庁から一人の新米調査官・赤坂が雛見沢へ派遣された。赤坂はそこで、一人の不思議な少女・梨花と出会う。そして現地のベテラン刑事・大石の協力を得て 調査を進めるが、一見どこにでもある長閑な村に見えた雛見沢の“深部”が見えてくるにつれ、事件は意外な展開に…。

目次に戻る

第15話『暇潰し編 其の弐 兆し』

『この事件、もしかすると私達が考えてる以上のチカラが…いや、組織が動いているのかもしれませんよ…』 …誘拐された少年の手がかりが見つかった。その都合の良さに胡散臭いものを感じながらも救出に向かう赤坂と大石。大立ち回りの末、救出に成功した二人だったが、犯人は取り逃がし、赤坂も銃で撃たれ負傷してしまう。そして事件の解決を待っていたかのように雛見沢ダム計画は凍結され、同時に反ダム闘争も終結を迎えた。だがそのウラには…

目次に戻る

第16話『目明し編 其の壱 初恋』

『ふーん、悟史くん…っていうんだ……』 …昭和57年。全寮制の学園から抜け出してきた一人の少女が雛見沢近辺へ帰ってきた。少女の名前は園崎詩音、園崎本家当主の孫娘の一人である。一度は本家から追いやられた身ゆえ、輿宮で身を潜めて生活する詩音だったが、ある日不良に絡まれたところを通りすがりの少年に助けられる。果たしてそれは運命の出会いだったのか…

目次に戻る

第17話『目明し編 其の弐 ケジメ』

『私は北条悟史くんが大好きです!彼のことが大好きです!それっていけないこと!人が人を好きになるのに何か理由が必要っ!?』 …叔父夫婦からの虐待は続き、次第に追い詰められていく悟史。綿流し祭の前日、その悟史から園崎家へ連絡が入る。「自分は綿流しに行けないから、沙都子を連れてやってほしい」…そして祭の夜、北条家の叔母が何者かに殺された。警察の事情聴取を受け、そしてそのまま園崎本家に「連行」される詩音。そこには当主お魎を始めとする一族が彼女を待ち構えていたのだった…。

目次に戻る

第18話『目明し編 其の参 鬼の血脈』

『そして私は、そのとき悟史くんへの思いも封印した…心の奥深くへと…』 …悟史が突然いなくなった。自分は「ケジメ」をつけたはずなのに、それなのに悟史は“鬼隠し”に遭ってしまった…納得の行かない詩音は、事件の真相を求めて魅音を問い質す。園崎本家の関わりを否定する魅音…その右手には、詩音と同じ、爪を剥した傷跡があった。それを見て魅音を信じようと決める詩音。そして1年が経ち……詩音に二度目の出会いが訪れる。

目次に戻る

第19話『目明し編 其の四 仕返し』

『悟史くんの無念はきっと私が晴らすから…私は…悟史くんみたいに殺されないから!』 …ついに連続怪死事件の「5年目」も起こってしまった。園崎本家で、お魎と魅音が富竹と鷹野の死について密談しているのを目撃してしまった詩音。だが次期当主として冷たく迫る魅音に追い詰められ、反撃に出る。「事件の真相を暴いて、悟史の仇を討ちたい」その一心で大胆不敵な行動に出る詩音だったが、事態は次第に深刻さを増し…

目次に戻る

第20話『目明し編 其の伍 冷たい手』

『上等じゃん!ぶちまけられてえかぁ!?』 …園崎家を“乗っ取った”詩音は、公由村長を呼び出し、悟史の失踪について問い質す。悟史を「鬼隠し」にしたのはお魎の差し金だという村長の意見に、「真相」を確信する詩音。惨劇のウラ側で、孤独な「鬼」による復讐劇が、いま、幕を開ける…。

目次に戻る

第21話『目明し編 其の六 断罪』

『ああなんだ!私自分でも知ってたんじゃないか!こんな私はもうとっくに鬼だったんだって!』 …沙都子と梨花が「鬼隠し」にあった…真相はもちろん鬼の仕業。鬼の隠れ家「地下祭具殿」で繰り広げられる、血の饗宴。必死に抵抗する沙都子は、同時に過去の自分と闘っていた。しかし狂い出した歯車は、もう決して止まることはない。ひとつの世界のからくりが明らかになり、そしてまた新たな謎が…。

目次に戻る

第22話『罪滅し編 其の壱 幸せ』

『じゃ、始めるよ!竜宮レナ、一世一代のがんばり物語を……!』 …今日の部活は水鉄砲をつかったサバイバルゲーム。優勝の行方は、強敵・魅音を倒した圭一と、最後に残ったレナとの一騎討ちに委ねられる。果たしてオヤシロさまはどちらに微笑むのか!?…その後、エンジェルモートでの大・罰ゲーム大会。クラスメートや入江を巻き込んでの大騒ぎに、いつもと変わらない様子を装うレナだったが、その裏にはある悩みが影を潜めていた…。

目次に戻る

第23話『罪滅し編 其の弐 還る処』

『夢とか幻とかじゃない!!ましてや手遅れでも何でもない!!レナにはまだ選べる選択肢が残ってるんだ!だから選べ!!』 …レナは知ってしまった。父の愛人が、間宮リナが、父をだまして大金を強請り取ろうとしていることを。ダム工事現場跡のゴミ山、そこはレナにとって唯一の安らぎの場所…そこへやって来たリナは父との再婚話を切り出す。それはレナの心の傷を無情に抉る。そしてそれが“引き金”だった…。

目次に戻る

第24話『罪滅し編 其の参 34号文書』

『たぶん、オヤシロさまの復活…それが奴らの最終目的…』 …富竹が死に、鷹野が鬼隠しに遭う…今年も起こるべくして起こってしまった連続怪死事件。翌日、この世界で大石が呼び出したのは果たしてレナだった。レナには思い当たる節があった…図書館で鷹野三四に会い、彼女の研究するオヤシロさま伝承を聞かされたこと。それは奇妙にもレナの体験と一致する内容だった。鷹野に“同志”と認められ、秘蔵のスクラップブックを託されたこと。そしてそこに書かれた、恐るべき「陰謀」のこと…。

目次に戻る

第25話『罪滅し編 其の四 地球侵略』

『実はね、寄生虫の正体は……宇宙人なの』 …レナから連続怪死事件の“真相”とその黒幕に関する情報を得た大石は、「レナが園崎組に狙われて雲隠れした」という報せを受け、身柄の確保へ乗り出す。しかしその園崎組は魅音からの指示でレナを警察から匿うべく動いていたのだった。単独行動を続けるレナを説得する圭一だったが、レナに自らの過去を暴かれ、一蹴されてしまう…果たしてレナの孤独な戦いの行方は…!?

目次に戻る

第26話(最終回)『罪滅し編 其の伍 リテイク』

『それでも信じさせたいってんなら……俺たち部活メンバーには、簡単な信じさせ方があるじゃねぇかよ?』『……勝った方が正義、ってことだね!』 …突然学校へ現れたレナ。巨大な鉈を手に、クラスメート全員を人質に取って立て篭もり、警察へ真相究明を要請する。そして19時までにそれが果たされない場合、教室を爆破して全員殺害する、と…その覚悟は本気であり、狂気であった。圭一は大石や部活メンバーの助けを得て、レナに立ち向かう…果たしてその狂気からレナを解放してやれるのか?…そして惨劇の結末は!?

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品