ひぐらしのなく頃に解(第2期)

アニメ『ひぐらしのなく頃に解』
(C)2007竜騎士07/雛見沢御三家
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年12月1日時点のものです。
話数全24話
放送2007年夏
制作スタジオディーン
声優前原圭一:保志総一朗/竜宮レナ:中原麻衣/園崎魅音・詩音:雪野五月/北条沙都子:かないみか/古手梨花:田村ゆかり/羽入:堀江由衣/大石蔵人:茶風林/富竹ジロウ:大川透/鷹野三四:伊藤美紀/入江京介:関俊彦/知恵留美子:折笠富美子

昭和58年初夏。都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音 今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。それは毎年6月に行われる祭「綿流し」が近づいていたからであった。過去4年続く、祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。今年も惨劇は起こる。梨花は全てを知っていた。ハジマリも、オワリも・・・。繰り返される惨劇の連鎖は断ち切れるのか?

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
14日間無料
今すぐ見る

見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『サイカイ』

あの忌まわしい「雛見沢大災害」から20数年後、ガス災害の後長きに渡って閉鎖されていた雛見沢村に、公安捜査官・赤坂と、警察を引退した大石がある女性に会いに訪れる。レナが学校に篭城したあの日、入江は服毒自殺をし、梨花は何者かに殺された。そして、唐突に起こった、村のすべてを飲み込むガス災害。はたして、雛見沢大災害とは何なのか?真実とは?その答えを求め、いま再び惨劇への挑戦が幕を開ける!

目次に戻る

第2話『厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」』

昭和58年6月。雛見沢での楽しい日々。今日も梨花と沙都子は2人で学校に出かける。学校では圭一、レナ、魅音、いつもの部活メンバーに加えて、詩音も参戦して、部活が熱く盛り上がる!本日の部活は増殖していく鬼から最後まで逃げきれた者が勝者になる鬼ごっこ『ゾンビ鬼』。今、圭一の真価が試される!?

目次に戻る

第3話『厄醒し編 其の弐 「無力」』

「け、Kぇぇぃ!」野球場の水飲み場での密談…。本日の部活メンバーは興宮タイタンズとの野球試合に挑んでいた。タイタンズの助っ人・亀田くんは甲子園にも出場する凄腕のピッチャーだ。敗色濃厚な9回裏、満を持してバッターボックスに入る圭一。はたして、圭一に逆転の秘策はあるのか!?

目次に戻る

第4話『厄醒し編 其の参 「予定調和」』

ついに今年も綿流しの日がやってきた。梨花は富竹に今夜気をつけるようにと警告をするが、決められたことのように、五年目の崇りが起こってしまう・・・。それ以降、日毎に塞ぎこんでいく梨花を見て、沙都子は大切な友達の力になろうと決意する。しかし、時を同じくして沙都子は、何者かが自分達を監視しているような、不審な気配を感じ始めていた・・・。

目次に戻る

第5話『厄醒し編 其の四 「雛見沢大災害」』

『大丈夫なのです……またすぐに会えるのですから…』『梨花……?』綿流しの日から数日後のある夜、突然の襲撃を受け、梨花は不審な男たちに連れ去られてしまう。沙都子はその現場を目撃したことで同じく命を狙われるが、逃走中つり橋から落下し、怪我を負いながら幸運にも一命を取り留める。だがその後、村に戻った沙都子が見たものは、想像を絶する村の惨状だった・・・後日、療養中の病院で沙都子は大石からレナの帽子を受け取る。それは沙都子に何を伝えるものなのか?

目次に戻る

第6話『皆殺し編 其の壱 「迷路の法則」』

『この世界にはいくつかの法則がある…』繰り返される惨劇の謎。それを解き明かす鍵となるのは、三つの法則。――再び昭和五十八年、六月の中旬。神社境内裏の窪みで、ふいに目を覚ました梨花。惨劇を回避する為に残された時間はわずか2週間という絶望的な状況。今度こそこの迷宮を脱出できるのか?

目次に戻る

第7話『皆殺し編 其の弐 「運命の変え方」』

綿流し祭の実行委員に指名された圭一。その圭一が魅音に差し出されたおはぎに反応し、裁縫針入りのおはぎの件を「夢の話」だとして語りだす。そしてそれにつられたように、他の部活メンバーたちも、それぞれが別の世界で体験した惨劇を夢の出来事として語った。梨花はそれを、迷宮からの脱出への希望であると考えるが…

目次に戻る

第8話『皆殺し編 其の参 「揺らぎ」』

沙都子の叔父が雛見沢に帰ってきた。梨花に突然押し寄せる不安の影。沙都子を助けるため、方々で助けを求めるが、赤坂の不在、頼みの綱であった鷹野たちも動きが取れず、非情な運命を思い知り絶望しかかる梨花。そんな中、圭一たち部活メンバーもまた状況を知り、何としても沙都子を救う最善手を考えようとする。果たしてその手段とは…?

目次に戻る

第9話『皆殺し編 其の四 「交渉」』

児童相談所と圭一たち部活メンバーとの駆け引き。それは、大人も巻き込んでの大掛かりな動きになろうとしていた。Kの盟友・亀田やエンジェルモート美女軍団、さらには入江や鷹野まで圭一たちに協力してくれることに。そんな中、三日ぶりに登校してきた沙都子は教室内で突然パニックを起こす。もはや沙都子を救うためには一刻の猶予も無い!

目次に戻る

第10話『皆殺し編 其の伍 「対決」』

圭一たちに対し、児童相談所への働きかけを止めるように押し寄せる圧力。それは、他ならぬ雛見沢の長老たちの意向だった。その老人たちに真っ向から相対する圭一、レナ。はたして、彼らを説得することが出来るのか?”口先の魔術師”前原圭一の真価をここに見よ!

目次に戻る

第11話『皆殺し編 其の六 「強い意志」』

圭一たち部活メンバー、さらに雛見沢住民全体の力によって、沙都子を巡る痛ましい運命は見事回避された。そして、訪れる綿流しの祭り。梨花はこの先に待ち受ける次なる惨劇を避けるため、富竹と鷹野に精一杯の警告を発する。一方、雛見沢を巻き込む陰謀がその裏で動き始めていた…。

目次に戻る

第12話『皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」』

富竹と鷹野の死を大石から知らされた梨花は、自分を取り巻く状況に疑念を抱き始める。黒幕の存在を疑う梨花。しかし確証は見つからないまま、焦りだけが募っていく。翌日、学校を休んだ梨花の自宅に部活メンバーが訪れた。そこで遂に覚悟を決めた梨花より『雛見沢症候群』の全貌が語られる…。

目次に戻る

第13話『皆殺し編 其の八「終末」』

護衛を約束してくれた大石刑事の到着を待つ梨花たち。しかし、そこに現れたのは大石ではなく、秘密部隊「山狗」の暗殺者たちだった。沙都子のトラップで間一髪奇襲を避けたものの、逃げ込んだ裏山で部活メンバーと山狗部隊の大立ち回りが始まる。なんとかして活路を開こうと奮闘する圭一たち。しかし、絶望という名の凶弾が……。

目次に戻る

第14話『祭囃し編 其の壱「三四」』

昭和五十八年の雛見沢を巡る運命。それは幼き日の鷹野三四と、雛見沢症候群の研究者・高野一二三との因縁からすべてが始まった。終戦間もない混乱期。田無美代子は両親の突然の事故死により、施設で地獄のような生活を強いられていた。その状況から逃れるため、美代子は友人達と施設脱走を計画するが…。

目次に戻る

第15話『祭囃し編 其の弐「蠢き」』

逃走に失敗した美代子は施設の職員によって捕まり、凄惨な拷問にかけられる。しかしそこへ、高野一二三が美代子の養育者として名乗りを上げたことで事態は一転する。無事に引き取られた美代子は一二三の研究の手伝いをしながら平穏な日々を送るが、やっと手に入れた人並みの幸せも、そう長くは続かなかった…。

目次に戻る

第16話『祭囃し編 其の参「終わりの始まり」』

様々な人々の思惑を含んで雛見沢に設立された入江機関=入江診療所。ダム計画を巡る村人どうしの対立、その矢面に立ってしまった北条家。沙都子と叔母の不仲の狭間で苦しむ悟史。行き詰る「雛見沢症候群」の研究。そして、一年目のバラバラ殺人の発生。いよいよ”オヤシロさまの祟り”と呼ばれる連続怪死事件が幕を開ける…。

目次に戻る

第17話『祭囃し編 其の四「謀略」』

昭和55年、綿流しの日。沙都子は”事故”で両親を失ってしまう。一方、その翌年にかけて、入江機関で行われていた雛見沢症候群の研究は「女王感染者」古手梨花の協力により、目覚しい成果を上げていた。ところがその研究に梨花の母が反対し始め、梨花の協力を得られなくなった研究は頓挫してしまう。そこで失意の鷹野がとった行動とは…。

目次に戻る

第18話『祭囃し編 其の伍「最後の駒」』

昭和57年、6月。沙都子と叔母の確執に悩む悟史。沙都子のために「部活」を提案する魅音。茨城から雛見沢に戻り、新しい生活を誓うレナ。4年目も起きてしまった、連続怪死事件…”オヤシロさまの祟り”。その直後、悟史の様子がおかしくなる。彼の”転校”の真相とは…そして昭和58年。役者は揃い、雛見沢に「新しい風」が吹き始める!

目次に戻る

第19話『祭囃し編 其の六「幕開け」』

再び巡る昭和58年6月、圭一に続いて転入してきた「古手羽入」。過去の世界でずっと逃げ続けてきた羽入が、梨花と共に運命に立ち向かう決意をしたのだ。部活への入部を志願した羽入は、晴れて部活メンバーの一員として迎えられる。一方その頃、警視庁公安部には一人前の刑事に成長した赤坂の姿があった。新しい世界で、何かが変わろうとしている…ところが梨花の様子がおかしい。前の世界でついに知った「敵」を忘れてしまっていたのだ…!

目次に戻る

第20話『祭囃し編 其の七「トラップ」』

惨劇をくい止めるために必要なのは、全員の結束。一人でも欠けてはならない…それが過去の世界で梨花が学んだ全てだった。梨花は富竹と入江に対し、陰謀の裏側に鷹野がいる可能性を指摘する。そこへ大石と赤坂も現れる。赤坂との再会を喜ぶ梨花。さらに真相を知らされた部活メンバーも快く協力を誓う。いよいよ頼もしい仲間たちが揃った!そして皆が考えた奇策とは…果たして、鷹野の計画を阻止する術はあるのか!?

目次に戻る

第21話『祭囃し編 其の八「48時間」』

運命の日、綿流し当日を告げる朝陽がまさに昇らんとする刻。勝利を確信した鷹野の元に突如、死後48時間を経た梨花の死体が発見されたという緊急連絡が入る。女王感染者である梨花の死、にも関わらず雛見沢が平穏なのは何故か!?大混乱に陥る鷹野、そして山狗部隊。しかしこれこそ部活メンバーの考えた秘策、そして大石の協力の証だったのだ。プロの特殊部隊を相手にどこまで騙し通せるのか?自らの人生をも賭した大石の一世一代の大芝居が、いま、幕を開ける…!

目次に戻る

第22話『祭囃し編 其の九「攻防」』

必死の抵抗も空しく、富竹は山狗に拘束されてしまった。入江は圭一たちに急を知らせるべく診療所から脱出を図るが、追撃を受け、車ごと谷底に落ちてしまう。そこへ偶然通りかかった詩音と葛西に助けられ、部活メンバーの隠れる園崎家の地下祭具殿へ辿り着くが、山狗にその場所を知られてしまった!小此木率いる精鋭部隊による制圧作戦が始まり、次第に追い詰められていく圭一たち。このまま全員が捕まってしまうのか…!?

目次に戻る

第23話『祭囃し編 其の拾「血戦」』

梨花を捕らえるため、再び追跡を開始する山狗部隊。圭一たち部活メンバーは入江につけられていた発信機を逆手に取り、山狗部隊の大半を裏山に誘い込む。作戦は功を奏し、山狗は沙都子のトラップに易々と翻弄されるのであった。一方、別働隊として富竹を救出するため診療所に向かった赤坂たちに迎撃システムの毒ガスの脅威が!?タイムリミットまであと2分。打つ手はあるのか…?

目次に戻る

第24話(最終回)『祭囃し編 其の拾壱「オシマイ」』

部活メンバーと山狗部隊の戦いは最終局面を迎えていた。戦力の大半を失ってもなお、あくまで徹底抗戦を主張する鷹野。だがその時、富竹と赤坂の呼んだ番犬部隊のヘリが到着し、負けを悟った小此木と鷹野は山中へと逃亡を図る。降りしきる雨の中、再びすべてを失った鷹野と対峙する部活メンバー。逆転を期し、魅音に銃口を向ける鷹野。最後に運命に勝つ者は誰なのか?百年を生きた魔女・梨花が見つけたその解(こたえ)とは?

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品