Fate/EXTRA Last Encore

アニメ『Fate EXTRA Last Encore』
©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

レンタル
30日間無料
お試しする
※本ページの配信情報は2019年12月20日時点のものです。
話数オブリトゥス地動説:全10話
イルステリアス天動説:全3話
放送オブリトゥス地動説:2018年冬
イルステリアス天動説:2018年夏
制作シャフト
声優岸浪ハクノ:阿部敦/セイバー:丹下桜/遠坂リン:植田佳奈/間桐シンジ:神谷浩史/間桐桜:下屋則子/尼里ミサオ:今村彩夏/アーチャー:鳥海浩輔/ライダー:高乃麗/キャスター:野中藍/バーサーカー:安井邦彦/ガウェイン:水島大宙

【オブリトゥス地動説(第1~10話)】 それは、忘れ去られた月で 開演 (ひら)かれる"EXTRA"の物語。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピュータ「ムーンセル・オートマトン」。 ムーンセル内につくられた霊子虚構世界「SE.RA.PH」。 "聖杯"をかけた、 魔術師(ウィザード)と 英霊(サーヴァント)による、 新たな月の聖杯戦争、開演。 【イルステリアス天動説(第11~13話)】 最下層から第六層までの戦いを経て、 多くの決断を乗り越え上がってきた岸浪ハクノとセイバー。 目覚めた『誰か』は死の総体である自分自身を認め、 新しい『誰か』として戦う決意を新たにする。 だがすべてはとうに過ぎ去った過去。 勝利の結末を得る機会は永遠に失われた。 その胸に宿した希望は、果たして熾天の檻に届くのか―――。 聖杯戦争の終わり。 最後に語られるべき月の断片、ここに 終幕 (フィナーレ)。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

レンタル
30日間無料
お試しする

未配信
31日間無料
お試しする

未配信
14日間無料
お試しする

未配信
1ヶ月間無料
お試しする

未配信
31日間無料
お試しする
※本ページの配信情報は2019年12月20日時点のものです。
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『今は旧き辺獄の底 ―プレテリトゥス・リンブス・ヴォラーゴ―』

ムーンセルが作りだした霊子虚構世界“SE.RA.PH”。 その世界で退屈な学生生活をおくる岸浪ハクノは、日常の風景に何故か「憎しみ」を感じていた。 突如学園の崩壊が始まり、余剰生命体のパージが始まる。 友人であったはずのシンジに裏切られ、傷を負いながらも何とか生き残ろうと足掻くが、 “辺獄”と呼ばれる焼却炉の底に落ちてしまう。 そこでハクノが見たものは、赤く煌めく一振りの剣だった。

目次に戻る

第2話『死相 ―デッドフェイス―』

“辺獄”で、ハクノは「セイバー」と名乗る少女に命を救われる。 記憶が曖昧で、自分が何者かもわからず、「憎しみ」だけを強く覚えていたハクノだが、セイバーからSE.RA.PHで行われる聖杯戦争の参加者の一人だと聞かされる。 熾天の檻を目指し、第一戦の会場に辿り着いたハクノとセイバーだったが、目の前に広がっていたのは多くの人々が行きかう美しい海洋都市だった。 二人は対戦相手を探して、海洋都市を巡るのだが――

目次に戻る

第3話『黄金鹿と嵐の夜 ―ゴールデン・ワイルドハント―』

ハクノとセイバーが辿り着いた、第一階層・新設海洋都市ケープ。 そこでは、マスターが生活の保障のため、政府にサーヴァントを売り払っていった。 ハクノとセイバーは学園時代の友人であるシンジのサーヴァントたちに襲われるも、 サーヴァントを失った元マスター・遠坂リンに助けられる。 リンから上層に上がるためにはシンジを倒すしかないと聞いたハクノは、再びシンジに立ち向かう。

目次に戻る

第4話『顔の無い王 ―ノーフェイス・メイキング―』

第一階層のフロアマスターであるシンジとドレイクを倒したハクノとセイバー。 何故上層を目指すのか、ドレイクに問われるハクノだったが答えることはできなかった。 第二階層に到着したと同時に何者かに襲撃され、眼下に広がっていた森へと逃げ込んだ二人。 ハクノを庇ったことでセイバーは傷を負い、窮地に立たされる。 そんなとき、一人の少女が二人の前に現れ――

目次に戻る

第5話『祈りの弓 ―イー・バウ―』

ハクノとセイバーはダンとロビンの襲撃を受け、ラニ=Ⅷの隠れ家へと退却する。 そこで今が3020年であり、SE.RA.PHが崩壊すれば人類は滅亡することを知る。 再戦に向け作戦会議を行う三人。 ラニ=Ⅷから、ダンは勝利しても上層へは登れないこと、 ロビンの二種の宝具は同時に使えないことを聞かされる。 ハクノたちは再びダンとロビンと戦うため、森へと向かう。

目次に戻る

第6話『永久機関・少女帝国 ―クイーンズ・グラスゲーム―』

ダンとロビンに勝利したハクノたち。 第二階層で命を落としたマスターの遺志と共に在ると決めたラニ=Ⅷを残し、 ハクノとセイバーは次の階層に向かう。 第三階層は亡霊集う夢の跡地、通称・名無しの森。 リンによると、コードに紛れたバグであるサイバーゴーストがでるという。 森の中にある荒廃した城へ辿り着き、城内を探索していたハクノは人影を見かけ追いかけるが――

目次に戻る

第7話『誰かの為の物語 ―ナーサリー・ライム―』

何かがおかしいと思いながらも名無しの森の探索を続けるハクノたちだったが、 突如「殺しても殺せない怪物」に襲われる。 セイバーが斬りかかるも、スタート地点まで戻されてしまう。 リンは、怪物の正体である“ありす”が『この一日』を繰り返していることを思い出す。 事態を打開すべく探索を再開する中で、ハクノは自分が憎しみだけで上を目指していることを吐露する。

目次に戻る

第8話『无二打 ―デッド・エンド―』

第三階層での戦いを経て、希望をもって上層を目指すことを決めたハクノは、“ザザ鳴りの街”第五階層に到着。 上層に続くラダーは遠くに見えているが、この階層には殺人鬼と呼ばれるユリウスが徘徊しており、 ラダーに辿り着くまでに出会ってしまえば戦闘を余儀なくされるという。 そして道中でハクノたちはユリウスとバーサーカーに遭遇してしまう。 バーサーカーの攻撃からハクノを守ったことで、セイバーは大きな傷を負い苦戦を強いられる。

目次に戻る

第9話『招き蕩う黄金劇場 ―アエストゥス・ドムス・アウレア―』

ユリウスと李書文との戦いに敗れ、倒れるハクノとセイバー。気絶したハクノは、 試写室のような場所でセイバーの元マスターである岸波白野に出会う。 そこで、白野とネロの過去の話、そしてセイバー“ネロ・クラウディウス”の生涯についての映像を見せられる。 意識を取り戻したハクノは、セイバーに自分の正体を打ち明け、 マスターとしての資格がないと打ち明ける。

目次に戻る

第10話『無限の――― ―アンリミテッド/レイズ・デッド―』

ネロは宝具『招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)』を展開し、李書文を討ち破った。 ハクノもデッドフェイスを発現し、ユリウスとの戦いに勝利する。 リンとラニを残し、ハクノとネロは次の階層に向けラダーに乗り込んだ。 第六階層に到着すると、リンに酷似したサーヴァントと巨大なラニが大量に出現する。 このニ組は何故か敵対しているようだった。 戸惑うネロとハクノの前に、第五階層まで共に戦ってきたリンが現れる。

目次に戻る

第11話『転輪する勝利の剣 ―エクスカリバー・ガラティーン―』

第六階層を乗り越え、 ついに1000年間誰も届くことのなかった場所―2人だけのマスターが辿り着ける場所、 第七階層に上り詰めたネロとハクノ。 そして第七階層の途中でレオのサーヴァント“ガウェイン”が出迎える。 そこで人類史を「自滅する為のもの」とムーンセルが解釈していることを知ったハクノは、 ムーンセルを元に戻すために新たな決意を固める。 鐘の音が鳴り響くとき、ネロとハクノの前にレオが立ちはだかる。

目次に戻る

第12話『天輪聖王 ―チャクラ・ヴァルティン―』

1000年前、レオは対峙したトワイスの考えに賛同し、すでに人類を救うことはできないと悟っていた―― ガウェインの宝具によって最下層まで落ちてしまうネロとハクノ。 しかし、第四階層で得た「栞」を頼りに光が差す方へ歩みだし、再び第七階層へと戻る。 刻一刻とSE.RA.PHの崩壊が近付く中で、 ハクノはデッドフェイスを使い最大限の魔力供給をネロに与え、 レオとガウェインに立ちむかう。

目次に戻る

第13話(最終回)『喝采の薔薇 ―オリンピア・プラウデーレ―』

第七階層で辛くもレオとガウェインを倒したネロとハクノ。 過去や現在ではなく、その先の未来のため、 ムーンセルを通常に戻すという決意を胸についに最上層の熾天の檻へと辿り着く。 そこではトワイスとチャクラ・ヴァルティンが待ち構えていた。 ハクノとネロは最後のマスターとサーヴァントとしてトワイスに挑む。 新しい『誰か』として生きる決意を胸に挑むハクノ―― 輝かしきEncoreここに終幕。

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品