ヒーリングっど♥プリキュア

アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』
©ABC-A・東映アニメーション
話数(放送中)
放送2020年冬
制作東映アニメーション
声優花寺のどか(キュアグレース):悠木碧/沢泉ちゆ(キュアフォンテーヌ):依田菜津/平光ひなた(キュアスパークル):河野ひより/ラビリン:加隈亜衣/ペギタン:武田華/ニャトラン:金田アキ/ラテ:白石晴香

地球を癒やし”お手当て”してきた秘密の世界【ヒーリングガーデン】が、地球をむしばみ病気にしようとする【ビョーゲンズ】の襲撃にあって危機に陥ったため、地球が大ピンチに!このピンチを救うため、逃げのびた3人の“地球のお医者さん見習い”であるヒーリングアニマルたちが、”ヒーリングガーデンの王女”で【特別なちから】を持ったラテとともに、パートナーを探しにやって来た!3人の普通の女の子が彼らと出会うことでプリキュアに変身し、ビョーゲンズに立ち向かう!ビョーゲンズの攻撃を察知して元気をなくしてしまうラテや、大切な地球、そしてここに生きる全ての生命を守りたい気持ちを胸にプリキュアたちは今、地球のお手当てのために力を合わせる!

第1話『手と手でキュン!二人でプリキュア♥キュアグレース』

花寺のどかは、すこやか市に引っ越してきたばかりの中学2年生。新しい生活にワクワクしながら、さっそくお散歩に出かけます。森林公園で休んでいると、巨大な怪物があらわれました。地球を病気にしようとする【ビョーゲンズ】の幹部、ダルイゼンの生んだ、メガビョーゲンでした。のどかは逃げ出そうとする途中、ぐったりしている子犬の姿のヒーリングアニマル・ラテを見つけます。助けようと必死になるのどかでしたが、ラテを「お手当て」するには、ビョーゲンズを追い払う必要がありました。そんな、のどかの必死な姿を見た、ウサギ型ヒーリングアニマル・ラビリンの肉球がポワッと光り、1本のステッキが生まれました。それを受け取ったのどかは、地球を癒やす花のプリキュア、キュアグレースへと変身し、メガビョーゲンを浄化しました。

目次に戻る

第2話『パートナー解消!?わたしじゃダメなの?』

ラテたちを家に連れ帰った翌日は、のどかにとっての転校初日でした。教室に入ると、昨日のお散歩中に出会ったちゆとひなたに再会します。 放課後、クラスメイトたちに誘われたのどかはいろいろな運動部の部活動に挑戦しますが、どれもうまくいきません。それを見たラビリンはショックを受け、別のパートナーを探しに行ってしまいます。ラビリンは運動が苦手なのどかを危険な目にあわせたくなかったのです。 まだ部活中の生徒が残っていた学校に、メガビョーゲンがあらわれます。のどかは戻ってきたラビリンに、病気でしばらく休んでいたこと、そして元気になったいま、お返しにいろんな人たちを助けたいと打ち明けます。それを聞いたラビリンはふたたび、のどかと一緒にキュアグレースに変身。見事にふたりでメガビョーゲンを浄化しました。

目次に戻る

第3話『湧き上がる想い!変身!キュアフォンテーヌ』

のどかとラビリンが学校に行っている間、お留守番をしていたラテは、ペギタンが目を放した時 に家を抜け出してしまいます。 学校にやってきたラテをのどかの元に連れてきてくれたのはちゆでした。のどかは放課後、彼女の家に誘われます。ちゆの家は大きな温泉宿でしたが、お湯の様子がおかしい、と従業員の人たちがあわて始めました。温泉の源泉をシンドイーネがむしばんでいたのです。 源泉地を調べに来たちゆは、そこでプリキュアに変身するのどかの姿を目にします。苦戦するのどかを前に、ペギタンに「わたしにも手伝わせて!」とお願いするちゆ。最初は怖がっていたペギタンでしたが、ちゆの言葉に勇気をふりしぼると、ステッキが出現。ちゆはキュアフォンテーヌに変身し、のどかと2人でメガビョーゲンを浄化したのでした。

目次に戻る

第4話『カワイイ!なりたい!キュアスパークル誕生』

のどかとちゆは、ラテの元気がないことを心配し、ひなたの家でもある平光アニマルクリニックに連れて行きます。診察が終わると、外でニャトランを見つけたひなたが帰ってきました。のどかとちゆは焦りましたが、ニャトランは「人の言葉を話すネコ」としてひなたと接し、ひなたもそれを受け入れ、打ち解けた雰囲気になります。 友達との約束を思い出し出かけていくひなた。のどかとちゆも同行しますが、待ち合わせ場所のゆめぽーとでは、グアイワルがメガビョーゲンを放っていました。 避難する途中、ひなたは変身するのどかとちゆを見つけます。プリキュアの姿を目にし「カワイイ!」とはしゃぐひなたに「一緒にプリキュアになんないか?」と誘うニャトラン。キュアスパークルに変身したひなたは、のどか、ちゆとメガビョーゲンを浄化し、ついにそれぞれのパートナーが揃いました。

目次に戻る

第5話『気まずい水族館!チグハグなわたしたち』

ちゆの提案で、プリキュアやヒーリングガーデンのことをおさらいするのどかたち。ところが、ひなたは覚えきれずに落ち込み、アドバイスを送るちゆも、ひなたを怖がらせていないかと心配します。のどかがお母さんに相談すると、お母さんは水族館のチケットをプレゼントしてくれました。 水族館を楽しむのどかたちでしたが、ペギタンがはぐれしまい、さらにラテがくしゃみをします。ビョーゲンズを探そうとするちゆと、ペギタンが先と言うひなたとで意見が分かれますが、のどかは「どっちも探そう」と2人の間に入ります。 二手に分かれて探すうち 、ちゆとひなたがシンドイーネに追い詰められたペギタンを見つけます。合流したのどかと協力してペギタンを助けると、みんなでプリキュアに変身。メガビョーゲンを浄化し、「これからも3人でがんばろうね」と笑顔をかわすのでした。

目次に戻る

第6話『ママはどこラテ?おるすばん大脱走!』

のどかのお母さんが運送ドライバーの仕事に戻ることになりました。でも、ラビリンとお留守番のラテは少しさみしそうな様子……。出かけるのどかたちに代わって、ペギタンとニャトランがやってきます。ところがラテは、ニャトランが庭への窓をあけたとたんに家の外へ飛び出してしまいました。 ラテの行き先は、お母さんが勤める配送センターでした。いつものどかが学校にいる間、テアティーヌと離れて心細いラテに寄り添っていたのは、お母さんだったのです。 そんな中、お母さんが荷物を受け取っているイチゴ農園に、ダルイゼンがあらわれます。すぐに駆けつけ、メガビョーゲンを浄化するのどかたち。おかあさんはラテを抱き上げながら、のどかにちゆやひなた、そしてラテのような友達ができたことをよろこびます。ヒーリングガーデンからそれを見守っていたテアティーヌも、胸をなでおろしていました。

目次に戻る

第7話『大スクープ!?のどかの秘密』

ちゆ、ひなたと学校から帰ろうとしていたのどかは、誰かに後をつけられていることに気付きます。正体をつきとめてみると、それはすこやか中学で唯一の新聞部員・益子道男でした。道男は、学校や街にあらわれる怪物をのどかが呼び出しているのではないかと考えていました。 そんななか、公園で道男の尾行を振り切ろうとして転んでしまうのどか。道男はしつこく追いまわしたことを謝りながら、小学校の壁新聞に初めて記事を書いたときの思い出を語ります。 そのあと公園の道男の目の前に、突如グアイワルがあらわれます。メガビョーゲンは駆けつけたのどかたちに浄化されますが、その間、道男は吹き飛ばされたメガネを探していました。おかげでプリキュアの正体がばれることはなく、のどかが怪物を呼び出しているという疑いも晴らすことができたのでした。

目次に戻る

第8話『とべないちゆ!?陸上大会 大ピンチ!』

もうすぐ、春の陸上大会。練習に力の入るちゆでしたが、「ライバル校にはちゆの自己ベストを超える選手がいるらしい」という情報を聞いてから、ジャンプを失敗するようになってしまいます。のどかやひなたは気づかい、ペギタンはもしかしたらちゆがイップス におちいっているのかも…と心配しますが、「自分の限界を超えたい」と練習を続けるちゆ。その姿を見て、みんなもちゆをせいいっぱい応援することに決めます。 迎えた大会当日。会場にダルイゼンがあらわれます。ちゆが放ったヒーリングストリームでメガビョーゲンは浄化されますが、会場にいた人々はみんな避難していなくなっていました。しかし、ちゆは残されたジャンプバーめがけてジャンプすると、見事にクリアし、のどかたちの前で自分の限界を飛び越えることができました。

目次に戻る

第9話『ひなたのカワイイ大作戦!』

みんなをゆめポートに誘うひなた。ゆめポートでは、アクセサリーやドレスをレンタルして写真を撮ってもらえる「エンジェルフォト撮影会」が開催されていました。ひなたはおしゃれの知識を活かして、のどか、ちゆにアドバイスをします。 すこし休憩していると、ラテがどこかへ駆け出してしまいました。後を追ったひなたは、そこでシンドイーネを発見し、1人で立ち向かいますが、メガビョーゲンの攻撃に圧倒されます。しかし、のどかとちゆが助けにやってきて、3人でメガビョーゲンを浄化することができました。 イベントに戻り、3人で撮影した写真をのどかにプレゼントするひなた。ひなたは休んでいた頃、あまり写真を撮れなかったのどかのために、みんなをゆめポートへと誘ったのでした。ひなた、のどか、ちゆは、「また3人で写真を撮ろうね」と笑顔で約束を交わしました。

目次に戻る

第10話『緊急お手当て!メガビョーゲンがいっぱい!?』

校外学習でクラスメイトのみんなとガラス美術館を訪れるのどかたち。展示されている作品を見て感激するのどかでしたが、そこにグアイワルがあらわれました。 のどか、ちゆ、ひなたはすぐにプリキュアへと変身しますが、すこし遠くの原っぱにダルイゼンが、川沿いにはシンドイーネまでもがあらわれ、一度に3体のメガビョーゲンが発生します。 1人ずつ手分けをしたものの、苦戦するのどかたちを見て、ラビリンたちは3人で1体ずつ浄化するように伝えます。しかし、作品が傷つけられることを心配するのどかは、美術館から移動するのをためらってしまいます。 戻ってきたちゆ、ひなたの協力でグアイワルのメガビョーゲンを美術館の外に誘い出し、やっと1体目を浄化できましたが、残る2体を浄化するため、すぐに3人は駆け出していきました。

目次に戻る

第11話

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品