まおゆう魔王勇者

アニメ『まおゆう魔王勇者』
©2013 Touno Mamare/PUBLISHED BY ENTERBRAIN,INC./Projectまおゆう
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの配信情報は2020年2月9日時点のものです。
話数全12話
放送2013年冬
制作アームス
声優魔王:小清水亜美/勇者:福山潤/メイド長:斎藤千和/メイド姉:戸松遥/メイド妹:東山奈央/女騎士:沢城みゆき/青年商人:神谷浩史/女魔法使い:福圓美里/老弓兵(執事:銀河万丈/冬の王子(冬寂王):平川大輔/辣腕会計:立花慎之介/軍人子弟:鈴木達央/貴族子弟:梶裕貴/商人子弟:寺島拓篤/中年商人:チョー/火竜公女:伊藤静/鉄腕王:町田政則/氷雪の女王:藤井麻理子/白夜王:東地宏樹/魔族娘:松井恵理子/冬寂王:森川智之/東の砦将:三宅健太/片目司令官:大塚芳忠

魔王と勇者の決戦直前。 王道RPGにおけるオーソドックスな対峙――。 片や、剣と魔法を自在に操つり、一人で一軍にも匹敵すという勇者。 片や、魔界のすべてを統べる魔王。 魔界にそびえる魔王城、その奥深くにある謁見の間。 魔王のあまりにもありがちな問い「この我のものとなれ」と 勇者のわかりきった答え「断る!」から、 人間界と魔界、二つの世界を変えるべく手を組んだ二人の挑戦が、いま始まる。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
14日間無料
今すぐ見る

見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る
※本ページの配信情報は2020年2月9日時点のものです。
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』

一軍にも匹敵する強大な戦闘能力を持つ勇者は、人間の敵として立ちはだかる魔族の長である魔王討伐の為、単身で魔界の奥深くへと乗り込む。しかし、魔王の城に到達した勇者の前に姿を現した魔王は、美しい人間の女性の姿だった。戸惑いつつも果敢に戦いを挑もうとする勇者だったが、魔王はそれを受け流すかのように、とある説明を始める。 どちらがこの戦争に勝利したとしても、その先に平和は訪れないのだと…。

目次に戻る

第2話『わたしたちをニンゲンにしてください』

「戦争の向こう側へ…」共通の目的のために契約を交わした魔王と勇者。学士を名乗った魔王は貧困にあえぐ冬越し村に屋敷を構え、そこを足がかりに農業改革を進めようというのだ。早速、二人は村長のもとへ協力を仰ぎに向かうのだが、先進的な農法は受け入れてもらえなかった。その日の夜、学士の屋敷に忍び込む不審な影が…。

目次に戻る

第3話『いままでどこほっつき歩いていたのよ!』

農業改革を進めるには教育が重要なことを悟った魔王と勇者は、湖の国の修道会を訪れる。二人が事情を説明しようとしたその時、修道女がいきなり勇者に飛びかかってきた。その修道女とは、かつて勇者とともに魔王討伐の旅をしていた仲間の一人だった。二人の間に、どんな経緯があったのだろうか?

目次に戻る

第4話『そんなことになったら勇者に噛みついてやる!』

女魔法使い捜索のために魔界へと乗り込んだ勇者。一方、冬越し村に残った魔王は、勝利でも敗北でもない人間と魔族の戦争終結のための第一歩として、中央大陸全土に商業範囲を持つ「同盟」との交渉に挑む。魔王と青年商人、異なる立場の二人の舌戦が導き出す答えとは?

目次に戻る

第5話『「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」』

南部諸王国では、魔族に奪われた極光島奪還のための戦争の機運が高まっていた。そのような中、女騎士は子弟トリオを猛特訓する。一方、人間が奪った魔界の町・開門都市をおとずれた勇者は、聖鍵遠征軍の駐留部隊の現状を知ることとなる。丘の向こうへ続く道のために、勇者は行動を決意した!

目次に戻る

第6話『「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん………ただいまだ!」』

勇者は黒騎士として、開門都市の聖鍵遠征軍を悪夢で震え上がらせていた。一方南部諸王国では、冬の王を失った冬の王子が、冬寂王の名を継ぎ、第二次極光島奪還作戦を決行、女騎士はその総司令官として冬の国に赴任する。そこを訪れた魔王は、戦局を左右する秘策を携えていた…。

目次に戻る

第7話『すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ』

勇者、魔王、女騎士の絶妙の連携により、極光島は奪還された。束の間の平和の中で勇者は、魔王の発明の数々に驚き、メイド姉妹の成長と女騎士の変容を感じていた。そして、魔界の開門都市を訪れた勇者は、人間と魔族の間での変化を目の当たりにする。一方、魔王のまわりでは異変が起き始めていた…。

目次に戻る

第8話『剣を取って、我が主』

魔王の留守を預かる事になったメイド姉は、魔王に扮して奮闘していた。そんな中、勇者に開門都市へと誘われた青年商人は、そこで人間界と魔界の損得勘定を超えた新たな世界の萌芽を感じた。一方、魔王は魔王城の最下層にある冥府殿で、荒ぶる歴代魔王の魂を鎮める為に決死の覚悟で対峙をしようとしていた…。

目次に戻る

第9話『わたしは“人間”だからっ』

馬鈴薯は悪魔の実、指導なされた農法は邪教のものだとして、紅の学士は異端認定され、中央へと引き渡されることになってしまった。魔王に扮したメイド姉は勇を鼓して使者につき従うが、紅の学士を慕う村人たちが大集結する中で、メイド姉としてのこれまでの思いのたけを語り始める。変革が起きようとしていた…。

目次に戻る

第10話『あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか』

メイド姉の演説に感銘を受け、南部諸国は中央からの独立の道を歩むことになった。その対立が呼び水となり、農民、教会、商人と次々と変化が拡大していく。そのような中、魔界の蒼魔族も不穏な動きを始めていた。人間だけではなく魔族も巻き込んだ、大きな戦いが始まろうとしていた。

目次に戻る

第11話『壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから』

南部諸国は教会から破門され、中央からの宣戦布告を受け、戦争へと突入していった。いまだ帰らぬ魔王を心配していた勇者は、女魔法使いの助力を受け、魔王城へと乗り込むことを決意する。一方、冥府殿の奥で過去の魔王の魂とひとり対峙していた魔王が、ついにメイド長のもとに姿を現しすが…。

目次に戻る

第12話(最終回)『「待たせたな、わたしの勇者」「寝坊しすぎだ、おれの魔王」』

女魔法使いは、年間三百万人もの死者を出す悪魔の病気「天然痘」を撲滅させる術を、冬寂王に託す。それは、勇者と魔王の夢の実現を手助けしたいがための行動だった。一方、魔界に乗り込んだ勇者は、先代魔王たちに魂を乗っ取られてしまった魔王と激突する。魔王と勇者の前に「丘の向こう」は広がるのだろうか…。

目次に戻る