機動新世紀ガンダムX

アニメ『機動新世紀ガンダムX』
©創通・サンライズ
\この作品を見るならココ!/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

レン
タル
30日間無料
お試しする
※本ページの配信情報は2020年4月1日時点のものです。
話数全39話
放送1996年春
制作サンライズ
声優ガロード・ラン:高木渉/ティファ・アディール:かないみか/ジャミル・ニート:堀内賢雄/ウィッツ・スー:中井和哉/ロアビィ・ロイ:山崎たくみ/シャギア・フロスト:森川智之/オルバ・フロスト:佐々木望/トニヤ・マーム:三石琴乃/サラ・タイレル:かかずゆみ/シンゴ・モリ:中村大樹/キッド・サルサミル:くまいもとこ/テクス・ファーゼンバーグ:中博史/エニル・エル:本多知恵子/カリス・ノーティラス:水谷優子/ランスロー・ダーウェル:竹村拓/パーラ・シス:長沢美樹/ナレーション:光岡湧太郎

ぼくらは、ニュータイプという幻想で繋がった世代なのだから――。ひとつのスペースコロニーの独立運動に端を発した戦争は、地球とスペースコロニーの全面戦争へと発展。全ての人類の故郷である地球はコロニー落としで壊滅的なダメージを負い、100億を誇った人口はそのほとんどが失われた。それから15年、地球環境はようやく安定期に入った。 モビルスーツについて一級の知識と技量を持つ戦災孤児の少年ガロードは、ニュータイプ能力を持つがゆえに何者かに狙われる少女ティファと出会い、彼女の不思議な力に導かれてモビルスーツ“ガンダムX”を発見するのだった。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

レン
タル
30日間無料
お試しする

レン
タル
30日間無料
お試しする

レン
タル
31日間無料
お試しする
※本ページの配信情報は2020年4月1日時点のものです。
目次
  1. 第1話『月は出ているか?』
  2. 第2話『あなたに、力を…』
  3. 第3話『私の愛馬は凶暴です』
  4. 第4話『作戦は一刻を争う!』
  5. 第5話『銃爪はお前が引け』
  6. 第6話『不愉快だわ…』
  7. 第7話『ガンダム、売るよ!』
  8. 第8話『あの子、許さない!』
  9. 第9話『巷に雨の降るごとく』
  10. 第10話『僕がニュータイプだ』
  11. 第11話『何も考えずに走れ!』
  12. 第12話『私の最高傑作です』
  13. 第13話『愚かな僕を撃て』
  14. 第14話『俺の声が聞こえるか!』
  15. 第15話『天国なんてあるのかな』
  16. 第16話『私も人間だから』
  17. 第17話『あなた自身が確かめて』
  18. 第18話『Loreleiの海』
  19. 第19話『まるで夢を見てるみたい』
  20. 第20話『…また逢えたわね』
  21. 第21話『死んだ女房の口癖だ』
  22. 第22話『15年目の亡霊』
  23. 第23話『私の夢は現実です』
  24. 第24話『ダブルエックス起動!』
  25. 第25話『君達は希望の星だ』
  26. 第26話『何も喋るな』
  27. 第27話『おさらばで御座います』
  28. 第28話『撃つしかないのか!』
  29. 第29話『私を見て』
  30. 第30話『もう逢えない気がして』
  31. 第31話『飛べ、ガロード!』
  32. 第32話『あれはGファルコン!』
  33. 第33話『どうして俺を知っている!?』
  34. 第34話『月が見えた!』
  35. 第35話『希望の灯は消さない』
  36. 第36話『僕らが求めた戦争だ』
  37. 第37話『フリーデン発進せよ』
  38. 第38話『私はD.O.M.E…かつてニュータイプと呼ばれた者』
  39. 第39話(最終回)『月はいつもそこにある』
  40. シリーズ/関連のアニメ作品
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『月は出ているか?』

コロニー独立運動に端を発した戦争によって、地球の人口はほとんど失われた。それから15年……。荒廃した地球で逞しく生きる少年・ガロードは、さらわれた少女・ティファを奪還する仕事を引き受け、陸上戦艦・フリーデンに潜入する。無事彼女を助け出したガロードだが……。

目次に戻る

第2話『あなたに、力を…』

ティファを守るためにガンダムXを起動させたガロードは、追ってきた2機のガンダムから辛うじて逃れた。が、戦争の遺産・ガンダムXを狙うフリーのモビルスーツ乗りたちが、大挙してガロードたちに襲い掛かる。最悪のピンチを前に、ティファは禁断のシステムを起動させる。

目次に戻る

第3話『私の愛馬は凶暴です』

禁断のシステム・サテライトキャノンで、難を逃れたガロードたち。しかし、その一撃で死んだ者たちと精神感応してしまったティファは、ショックを受け昏睡してしまう。困惑したガロードは、フリーデンの艦長・ジャミルに隙を突かれ、ティファと共に捕らえられてしまうが……。

目次に戻る

第4話『作戦は一刻を争う!』

容態が悪化したティファを救うため、ジャミルはアルタネイティヴ社の施設を再襲撃しようと考える。しかしフリーデンのクルーたちは、ジャミルの真意を理解できない。ジャミルは、己の過去とティファに秘められた能力について語り始め、その内容にガロードらは衝撃を受ける。

目次に戻る

第5話『銃爪はお前が引け』

フロスト兄弟の猛攻で窮地に陥るガロードの前に、ウィッツとロアビィが加勢に戻った。しかし、モビルアーマー・グランディーネの長距離砲撃が、フリーデンを狙う。ジャミルは、ティファとガロードの力を借り、一か八かの賭けに打って出るのだった。

目次に戻る

第6話『不愉快だわ…』

正式な乗組員としてフリーデンに乗り込むことになったガロードだが、孤独に生きてきた彼にとって、艦での集団生活は馴染めないものだった。心の焦りからミスを犯した彼は、埋め合わせのために単身ガンダムXを駆る。そんな彼に、フリーのモビルスーツ乗りエニルが襲い掛かった。

目次に戻る

第7話『ガンダム、売るよ!』

動力炉の爆発でジャミルに大怪我をさせてしまったガロードは、自責の念に耐えられず、ガンダムXを駆ってフリーデンを去る。彼は、全てを清算するためにガンダムXを競売に掛けるが……。一方ウィッツは、隠していた財産を他のバルチャーに発見され、横取りされてしまう。

目次に戻る

第8話『あの子、許さない!』

競売でガンダムXを落札したのは、エニルだった。彼女はガロードを誘惑しようとするが、逆に警戒され追い出されてしまう。屈辱に燃えるエニルは、ザコットらと共にフリーデンを襲う。一方その頃、ガロードはフロスト兄弟と対峙していた。

目次に戻る

第9話『巷に雨の降るごとく』

フリーデンの危機を知り、ついに帰還を果たしたガロードとガンダムX。しかし、フロスト兄弟とエニルらの総攻撃によって、フリーデンは火の海へと追い込まれてしまった。ジャミルも不在のまま最大のピンチに直面したクルーたちは、混乱したまま罠に追い込まれていく……。

目次に戻る

第10話『僕がニュータイプだ』

ティファの感知したニュータイプを探し出して保護すべく、フリーデン一行は北上してフォートセバーンへ向かった。しかし、ニュータイプの少年・カリスは、逆にティファを手中に収めようと、フリーデンに襲い掛かる。その圧倒的な力を前に、ガロードに勝機はあるのか?

目次に戻る

第11話『何も考えずに走れ!』

ガロードを救うため、ティファは自らカリスに捕らえられてしまった。己の無力さに落ち込むガロードに、ジャミルは厳しい言葉を浴びせ掛ける。その頃キッドは、ガンダムXに新たな力を吹き込もうと不眠不休で作業していた。そこへ、復讐に燃えるフロスト兄弟が強襲してくる。

目次に戻る

第12話『私の最高傑作です』

パワーアップしたガンダムXを駆り、ガロードはフロスト兄弟を退ける。その頃エニルは、フォートセバーンのノモア市長と手を組み、ガロードへの復讐を画策していた。そんな中、街へ潜入を果たしたガロードは、戦争が生んだ怨念の存在と、カリスの身体に隠された秘密を知る。

目次に戻る

第13話『愚かな僕を撃て』

モアたちに追い詰められたガロードとティファを救ったのは、コクピット恐怖症を克服したジャミルが乗るGXディバイダーだった。一方、ノモアに不信感を抱いたカリスは、その心を読み自分が幾多の犠牲の果てにニュータイプ能力を得たことを知る。その罪を償うために再びガロードと戦い破れた彼は、ガロードにとどめをさされることを望むのだった。

目次に戻る

第14話『俺の声が聞こえるか!』

フリーデンで手術を受け、一命を取り留めたカリスだったが、エニルらの手によってノモア市長の元へと連れ去られてしまった。地球人類への復讐に燃える市長は、カリスの力を使って、フォートセバーンに眠る巨大モビルアーマー・パトゥーリアを復活させようとしていた。

目次に戻る

第15話『天国なんてあるのかな』

休暇をもらったロアビィとウィッツは、フリーデンを離れてそれぞれの故郷へと向かった。ロアビィはかつての恋人たちを訪ね歩き、ウィッツは飛び出したきり一度も帰っていない実家へ……。しかし、そこで彼らを待っていたのは、予想だにしなかった悲しい現実であった。

目次に戻る

第16話『私も人間だから』

ティファが、新たな未来を予見した。彼女の言葉に従い、フリーデン一行は新たなニュータイプを探し出すため海へと向かう。そこで彼らを待ち受けていたのは、ひとときの休息と熾烈な戦闘、そして穏やかな海の住人たちだった。ティファを呼ぶ謎の声とは、一体……?

目次に戻る

第17話『あなた自身が確かめて』

ガロードは、海の向こうに落ちるサテライトシステムの照準(ガイド)光を目撃した。ガンダムXを所有する新たなニュータイプが、水平線の向こうに存在するのか……? ジャミルは真相を追ってフリーデンを出航させるが、その行く手には海の悪魔・ドーザ一味が立ちはだかっていた。

目次に戻る

第18話『Loreleiの海』

潜水艦を操るオルクのマーカス一味と共に、「ローレライの海」と呼ばれる海域へ向かったオルバは、先の大戦で使用された禁断の兵器と、カプセルに封じ込められた謎の美女を引き揚げる。その頃ティファは、ジャミルに「ローレライの海」へ向かうよう、要請していた。

目次に戻る

第19話『まるで夢を見てるみたい』

ティファと意識を共振させたルチルは、15年前にジャミルの教官を務めたニュータイプの士官だった。しかし精神を破壊し尽くされた後、戦いを憎む心まで利用され、電子機器を使用不能にする”Lシステム”に組み込まれてしまったのだった。永遠を生きるニュータイプ・ルチルを解放するため、ジャミルはガンダムXで出撃する。

目次に戻る

第20話『…また逢えたわね』

補給のため、フリーデンはセインズアイランドに寄航した。トニヤは買出しのため島に降り立ち、偶然知り合った女性と意気投合するが……その相手とは、ガロードを付け狙っていたエニルだった。かつての恨みを忘れることもできず、結婚にも踏み切れないエニルに、トニヤは……。

目次に戻る

第21話『死んだ女房の口癖だ』

旧地球連邦の指導者たちによって組織された新連邦政府再建委員会が、地球を統一すべく動き出していた。フリーデン攻略のために委員会より送り込まれた特殊工作部隊の隊長・カトックは、その部下とともに漁師に身をやつし潜入した。しかし、そのもくろみをティファによって見破られ、進退窮まったカトックは……。

目次に戻る

第22話『15年目の亡霊』

偶然開発中のガンダムを目撃してしまったエニルは、フロスト兄弟の攻撃を受けフリーデンに救われる。ジャミルらは彼女の飛行データから、ガンダムが待ちうけるその島・ゾンダーエプタの位置を割り出し、フリーデンの舵を取るのだった。

目次に戻る

第23話『私の夢は現実です』

ゾンダーエプタで待ち構えていた、新連邦政府再建委員会のアイムザットにより、フリーデンは捕らえられてしまう。そして、ジャミルとティファは他のクルーたちから引き離され、ニュータイプ研究所へと移送されるのだった。

目次に戻る

第24話『ダブルエックス起動!』

連れ去られたティファとジャミルを救い出すため、輸送船に潜入したガロードとカトック。彼らはその格納庫で新型MS、ガンダムDXを発見する。ティファから受け取ったGコントローラーで、ガロードはDXを起動させるが、その威力は想像を絶するものだった。

目次に戻る

第25話『君達は希望の星だ』

新連邦政府の樹立がブラッドマン卿により宣言された。武力による地球圏の統一を進める新連邦に対し、多くの独立国家は反発、世界各地で紛争が巻き起こる。南アジア地域に上陸を果たしたフリーデンは、独立国家・エスタルドやその連合国に協力を要請され、新連邦政府と戦うこととなる。

目次に戻る

第26話『何も喋るな』

エスタルド共和国の同盟軍は、フリーデンの助力を得て、新連邦軍を打ち破った。勝利に沸くエスタルドだが、国内では武闘派と和平派とが激しく意見を対立させていた。一方敗北した新連邦軍は、「サクリファイス」と名付けられた作戦を展開しようとしていた。

目次に戻る

第27話『おさらばで御座います』

同盟を結んでいたノーザンベルが新連邦に降伏。同じく同盟国だったガスタールが新連邦と和平条約を締結したため、残されたエスタルドは無条件降伏か徹底抗戦かを迫られる。エスタルドが選んだ降伏を甘受できないリー将軍は、独断で死地へ赴いた。ガロードとウィッツは彼を追うが……。

目次に戻る

第28話『撃つしかないのか!』

エスタルドが新連邦軍へ全面降伏する前に、フリーデンは国外へ脱出することとなった。ジャミルは、密かにウィリス国家主席を国外へ逃亡させようとするが、その計画を察知したガスタール軍は、進撃を開始。その軍勢を前に、ガロードはサテライトキャノンの銃爪に指を掛ける。

目次に戻る

第29話『私を見て』

歴史の大きなうねりに目を向け、成長していくガロード。そんな彼を、ティファは寂しい思いで見つめるしかない。そこへ、ニュータイプ研究所が認めたパイロット・アベルが来襲。戦闘の最中に覚醒したアベルはフラッシュ・システムを発動させ、ガロードらはピンチに陥る。

目次に戻る

第30話『もう逢えない気がして』

ついにニュータイプ研究所へたどり着いたフリーデン一行。しかしシャギアとオルバの策謀により、ジャミルはカロンに捕らえられてしまう。折りしも、フロスト兄弟によって研究所は火の海と化し、その混乱に乗じてティファは宇宙革命軍のスパイに連れ去られてしまった。

目次に戻る

第31話『飛べ、ガロード!』

ティファを守れず、意気消沈するガロード。そこへ現れたエニルは、ジャミルに宇宙革命軍が新連邦の新造巡洋艦バルトークを奪って、宇宙へ脱出しようとしていることを告げる。ジャミルは、ガンダムDXと共にガロードをバルトークに同乗させるよう計らう。シャトル発進まで、残り時間はわずか……。脱出を阻止すべく迫る新連邦軍を、フリーデンが迎え撃つ。

目次に戻る

第32話『あれはGファルコン!』

宇宙革命軍総統ザイデルに謁見し、強い不安を感じ取るティファ。一方、バルトークを脱出し初めての宇宙戦に戸惑うガロード。かつて革命軍としてジャミルとも戦った元ニュータイプ・ランスローの率いる革命軍に、為す術もなく敗北するかに見えたが……。

目次に戻る

第33話『どうして俺を知っている!?』

ガロードを救ったパーラは、宇宙革命軍に抵抗を続けるサテリコンのメンバーだった。ガンダムDXの修理を条件にサテリコンへの協力を受諾するガロード。一方、ティファがいるクラウド9では爆弾テロが発生。犯行声明がサテリコンより出されていた。

目次に戻る

第34話『月が見えた!』

ガロードらの抵抗も空しく、サテリコンは壊滅。クラウド9の宇宙革命軍総統ザイデルは、禁断の兵器・コロニーレーザーで地球を直接攻撃する「ダリア作戦」を、ついに発動させる。その頃ガロードは、ティファを救出し地球への攻撃を阻止するために、一計を案じていた。

目次に戻る

第35話『希望の灯は消さない』

ティファとの再会もつかの間。ガロードの前に、またしてもフロスト兄弟が立ちふさがった。ガロードとティファたちを捕らえたフロスト兄弟は、彼らをブラッドマンの元へ連行する。一方地球では、新連邦軍に拘束されたジャミルらが、銃殺刑にされようとしていた。その危機に現れたのは……。

目次に戻る

第36話『僕らが求めた戦争だ』

ティファに導かれブラッドマンの元を逃れたガロードたちを、フロスト兄弟と新連邦が追撃する。ジャミルらと合流し何とか彼らを退けたものの、去り際にフロスト兄弟が残した言葉は、不気味な未来を暗示していた。

目次に戻る

第37話『フリーデン発進せよ』

月を目指す宇宙革命軍に呼応し、新連邦軍も侵攻の準備を着々と進めていた。一方、生まれて初めて強い力を求めたティファは、昏睡状態の中でD.O.M.Eと精神感応を果たし、全ての答えは月面基地にあると悟る。

目次に戻る

第38話『私はD.O.M.E…かつてニュータイプと呼ばれた者』

月の軌道上では、新連邦軍と宇宙革命軍が全面対決を迎えていた。その最中、月面降下を敢行するフリーデン。仲間の援護もあり、ガロードとティファは月面に到達した。そして、ティファが起動させたビットMSに導かれ、ザイデル、ブラッドマン、ジャミルたちが一堂に会する。

目次に戻る

第39話(最終回)『月はいつもそこにある』

D.O.M.Eの正体とは、遺伝子レベルにまで解体され基地システムに組み込まれた、人類最初のニュータイプだった。彼の意識体が人々の前に現れ、過去に囚われた人々に真実を語り始める……。その頃月軌道上では、フロスト兄弟がついに真の目的のために行動し始めていた。

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品