超時空要塞マクロス

アニメ『超時空要塞マクロス』
©1982 BIGWEST
\この作品を見るならココ!/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの配信情報は2020年3月21日時点のものです。
話数全36話
放送1982年秋
制作タツノコプロ
声優一条輝:長谷有洋/リン・ミンメイ:飯島真理/グローバル:羽佐間道夫/クローディア:小原乃梨子/早瀬未沙:土井美加/ロイ・フォッカー:神谷明/ヴァネッサ:佐々木るん/キム:鶴ひろみ/シャミー:室井深雪/ブリタイ:蟹江栄司/エキセドル:大林隆介/ナレーター:小原乃梨子

1999年、突如、地球に巨大な宇宙戦艦が落下してきた。人類は地球外の宇宙空間で戦闘があることを知り、落下した戦艦から高度なテクノロジーを吸収した。一方、数年におよぶ地上での統合戦争を経て、地球統合政府を樹立。戦艦は地球統合軍のものとして修復された。そして2009年。「SDF―1マクロス」と命名された戦艦は進宙式の日、人類の意に反して主砲を発射してしまう。直後、地球外の巨大異星人ゼントラーディは、その圧倒的な戦力をもって地球への攻撃を開始した。 それは「マクロス」にプログラムされていた、巧みなブービートラップだった。マクロスは、発進と同時に実戦を開始するはめになってしまう。進宙式を見にきていた民間人パイロットの一条輝は偶然、可変戦闘機バルキリーに乗ってしまい、否応なく戦場に駆り出される。戦闘の最中、輝は軍の管制オペレーター早瀬未沙や、中華料理店の娘、リン・ミンメイと出会う。圧倒的な戦闘力をほこるゼントラーディ軍からの攻撃を逃れるため、宇宙空間へフォールドを決行する。だが、まだ試験段階に近いマクロスの機能は、フォールドの失敗という形で表れてくる。発進の際に収容した5万6千の一般市民を抱え込んだまま、マクロスは太陽系の外周部へと…。しかも、強大なゼントラーディ軍の魔の手はマクロスにものびてきた。かくして地球の安否も知れぬままに、マクロスの長く苦しい地球への帰還の旅は開始された。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

レン
タル
30日間無料
お試しする

レン
タル
30日間無料
お試しする
※本ページの配信情報は2020年3月21日時点のものです。
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『ブービー・トラップ』

全人類の期待を受け修復が完了した巨大宇宙戦艦マクロス。その進宙式の式典が盛大に執り行われようとしていた。しかし丁度その頃、正体不明の異星人艦隊が地球に接近しつつあった。艦隊から斥候艦が発進、地球に接近したそのとき、何の前触れもなくマクロスは勝手に主砲発射態勢に移行、異星人との戦闘が開始されてしまう。

目次に戻る

第2話『カウント・ダウン』

マクロスの放った主砲は、衛星軌道上のゼントラーディ艦を撃沈。両軍が交戦状態に突入したことで、南アタリア島は戦場と化す。その混乱の中、輝は未沙に訓練機VF-1Dでの出撃を命じられるが、空中戦で被弾。墜落した市街地でミンメイと出会う。彼女を守るため、敵戦闘ポッドを撃破する輝。そこで彼が見たものは・・・。

目次に戻る

第3話『スペース・フォールド』

輝とミンメイは、フォッカーのVF-1Sに救出され、マクロス艦内へ避難する。ところが南アタリア島から発進したマクロスは、ゼントラーディ軍の猛攻により、宇宙での統合軍艦隊との合流を阻まれる。グローバル艦長は、敵の執拗な追撃を振りきるべく月の裏側を目指し、地表付近での超空間航法・フォールドを敢行するのだった。

目次に戻る

第4話『リン・ミンメイ』

フォールドの結果、マクロスは南アタリア島一帯の空間とともに、冥王星軌道に出現。グローバル艦長は、5万人以上の島民の収容を指示する。これに巻き込まれた輝とミンメイは、小型機で宇宙を漂流。ようやくたどり着いた艦内は、無人の閉鎖区画だった。そこでの避難生活を経て、輝とミンメイは親密さを深めていくが・・・・。

目次に戻る

第5話『トランス・フォーメーション』

プロメテウス、ダイダロスと連結し、戦力を補強するマクロス。だがフォールド・システムは初使用時に消失し、通常航行を余儀なくされる。さらにそれは主砲の発射不能という事態にも及んだ。艦体構造を組み替えるトランス・フォーメーションにより主砲の機能は復旧するが、その代償は市街区への甚大な被害を伴うものだった。

目次に戻る

第6話『ダイダロス・アタック』

マクロスではフォールド・システム消失跡のエネルギーから、ピンポイント・バリアを開発。グローバル艦長は、これを契機にゼントラーディ軍への奇襲を決行する。だが強攻形態を維持したマクロスは、敵の機動力に翻弄される。危機的状況の中、未沙はダイダロス艦首にバリアを集中し、敵艦に突撃させる起死回生の戦法を提案する。

目次に戻る

第7話『バイバイ・マルス』

火星軌道内へ到達したマクロスに、無人のサラ基地から通信が届く。だがそれは、ゼントラーディ軍の機甲師団長カムジンが仕掛けた罠だった。物資補給と調査を兼ねて基地に降下したマクロスは、敵の重力機雷によって行動不能に陥る。グローバル艦長は未沙に、地中の機雷を除去すべく、基地反応炉の破壊を命じるのだが・・・・。

目次に戻る

第8話『ロンゲスト・バースデー』

マクロスの航海開始から8ケ月。ミンメイは、艦内で16歳の誕生日を迎えた。一方、輝はこれまでの戦果を認められて少尉へ昇進。マックス、柿崎の2人を率いる小隊長になる。ミンメイの誕生パーティーを祝うため、中華料理店「娘々」に駆けつける輝たち。ところがその直後、カムジン部隊が襲来。全艦に緊急出動が発令された。

目次に戻る

第9話『ミス・マクロス』

マクロス艦内放送局の開局を記念して、ミス・マクロス・コンテストが開催された。ミンメイも歌手を目指して出場することになる。その頃、輝は軍務に追われ、ミンメイとすれ違う機会が増えていた。コンテスト当日、最終選考に残ったミンメイ。しかし結果発表の直前、輝は未沙にマクロスへ接近する偵察機の迎撃を命じられる。

目次に戻る

第10話『ブラインド・ゲーム』

カムジンの攻撃で広域監視レーダーを破壊されたマクロス。未沙は哨戒任務を志願し、偵察機に搭乗する。輝の小隊はその護衛を命じられた。偵察機の発進を確認したブリタイは、マクロス乗員の捕獲計画を実行。未沙は偵察機ごと捕らわれ、ブリタイ艦へと収容されてしまう。輝の小隊は彼女を救出すべく、敵艦内に潜入していく。

目次に戻る

第11話『ファースト・コンタクト』

ブリタイの驚異的な戦闘能力の前に、輝と柿崎のバルキリーは大破。2人は未沙とともに捕虜になる。唯一機体の破損をまぬがれたマックスは、ブリタイ艦内部に潜入し、輝たちを救出する機会をうかがう。しかし、艦は太陽系から基幹艦隊の展開宙域へとフォールド。輝たち3人は、艦隊司令官ボドルザーの前に連行される。

目次に戻る

第12話『ビッグ・エスケープ』

マックスのVF-1Aは敵兵に変装し、輝たちと合流。敵艦からの脱走をはかる。一方ボドルザーはロリーたち3人に、地球人を調査すべく、マクロス艦内でのスパイ活動を指示する。輝たちは、混乱に乗じて太陽系内にフォールドする敵艦への潜入に成功。その艦とマクロスが接触した際に、彼らは敵ポッドを奪取し、船外へ脱出する。

目次に戻る

第13話『ブルー・ウインド』

敵艦から奇跡的に生還した輝、未沙、マックス、柿崎。未沙が報告する敵基幹艦隊の戦力規模に、がく然とする首脳陣。グローバル艦長は、この事実を統合軍本部へ伝えるべく、敵包囲網の突破を決断する。昇進した4人は、歓迎レセプションに出席。輝は今やスターになったミンメイと再会する。一方、地球を目指して加速するマクロスは敵艦隊に包囲され、その進路を阻まれていた。

目次に戻る

第14話『グローバル・レポート』

予想外のフォールド効果で冥王星軌道に出現してから1年。マクロスは、ついに地球に帰還した。しかしゼントラーディ軍は、地球上空の包囲網を維持。統合軍の戦力を凌駕するという基幹艦隊の存在とともに、より深刻な脅威となっていた。グローバル艦長はこの航海で得た情報を統合軍本部へ提出すべく、レポートを作成する。

目次に戻る

第15話『チャイナ・タウン』

グローバル艦長と未沙は、アラスカの統合軍本部に出頭。しかし軍上層部は、2人が提出したレポートに冷酷な回答を出す。それはゼントラーディ軍との停戦交渉案の却下と、艦内避難民の受け入れ拒否という結論だった。一方ミンメイは、輝とともに故郷の横浜・中華街に帰省。そこで彼女は、両親や従兄のカイフンと再会する。

目次に戻る

第16話『カンフー・ダンディ』

カイフンは、ミンメイの保護者としてマクロスに乗艦する。彼に初恋の人・ライバー少尉の面影を重ねる未沙。ところがカムジン部隊との戦闘の際、未沙は心の動揺からダイダロス・アタックのタイミングを外してしまう。ダイダロスの艦首は敵艦を貫通。ミサイル一斉発射の軸線上にいた輝のVF-1Jは、この攻撃で被弾してしまう。

目次に戻る

第17話『ファンタズム』

ダイダロス・アタックに巻き込まれ、重傷を負った輝。病床の彼は朦朧とした意識のまま、悪夢にうなされる。夢の中のミンメイは歌手デビューをはたし、ファースト・コンサートを開催。だが会場にブリタイが乱入し、彼女は拉致されてしまう。ミンメイを救出するため、輝は軍に入隊。出撃と撃墜を繰り返し、輝の悪夢は続く・・・。

目次に戻る

第18話『パイン・サラダ』

フォッカーは入院中の輝を気づかい、ミンメイに見舞いを頼む。ミリアは、カムジンから聞いた「凄腕パイロット」の存在を確かめるべくマクロスを襲撃。その戦闘中、マックスを強敵と認識したミリアは、執拗に彼を狙う。マックスの援護に向かおうとするフォッカー。だがその隙を突かれ、彼は背後から敵の攻撃を受けてしまう。

目次に戻る

第19話『バースト・ポイント』

マクロスは、艦内避難民の受け入れ先を求め、唯一受け入れを申し出た北米・オンタリオ自治区に向かう。そこへカムジンの部隊が襲来、マクロスに艦砲射撃を加える。グローバル艦長は、艦体すべてをカバーする新開発の全方位バリアで応戦。だがバリアは、限界を超えた攻撃の負荷に耐えきれず、エネルギーを爆走させてしまう。

目次に戻る

第20話『パラダイス・ロスト』

ボドルザーは、マクロスのバリアの爆走を新兵器と誤解。その脅威に対応すべく、ブリタイを再び地球圏へ派遣する。ロリーたち3人のスパイは、ブリタイ艦隊へ帰還。彼らはマクロス艦内での体験をブリタイに報告する。一方グローバル艦長は、統合軍本部からマクロスの地球圏外出撃を命じられる。それは、事実上の地球退去であった。

目次に戻る

第21話『ミクロ・コスモス』

マクロス艦内では、ミンメイとカイフンの主演映画「小白龍」が上映初日を迎えていた。輝はミンメイのキスシーンに動揺し、上演途中で退席。同じく映画館から出てきた未沙と偶然出会う。そのとき敵軍襲来の警報が響き、マクロスは緊急トランス・フォーメーションを開始。輝と未沙は、変形のアクシデントに巻き込まれてしまう。

目次に戻る

第22話『ラブ・コンサート』

ボドルザーの命令により、ブリタイはマクロス捕獲作戦を開始。マクロス艦内を制圧すべく、カムジン率いる突入部隊が内部へ侵入する。その部隊にマクロスへの亡命を希望する、ロリーたち23名も紛れ込む。艦内の野外ステージでは、ミンメイのコンサートが開かれていた。だがそこへ、敵戦闘ポッド軍が乱入。会場は混乱に陥る。

目次に戻る

第23話『ドロップ・アウト』

マクロス艦内に突入したゼントラーディ兵は、初めて見る街の様子やミンメイの歌声を聞き、カルチャーショックを受ける。その影響で戦意を失い、戦闘を放棄する兵が続出。指揮系統は混乱をきたす。状況を憂慮したブリタイは作戦を断念、撤収を命じる。一方、脱走したロリーたちは、マクロスへの亡命を認められるのだった。

目次に戻る

第24話『グッバイ・ガール』

未沙は報告書を携え、単身シャトルで統合軍本部のあるアラスカ基地へ向かう。それをカムジンの部隊が襲撃するが、輝の救援でシャトルは危機を回避する。アラスカ基地で未沙は父の早瀬提督と再会。未沙は提督にゼントラーディ軍との停戦を訴えるが聞き入れられず、娘の身を案ずる提督にマクロスからの退艦を命じられるのだった。

目次に戻る

第25話『バージン・ロード』

マックスとミリアは3度の対決を経て互いを認めあい、やがて愛しあうようになる。グローバル艦長は、マックスと元ゼントラーディ兵のミリアとの結婚が、戦争終結のカギになりうるのではと考え、マクロスで盛大な結婚式をおこなう。その模様は、艦内放送局を通じて地球ばかりではなく、ブリタイ艦隊にも発進されるのだった。

目次に戻る

第26話『メッセンジャー』

ブリタイ艦隊のエキセドル参謀が、和平使節としてマクロスに乗艦してきた。エキセドルは、「文化に汚染された」ブリタイ艦隊が、地球とともにボドルザーの基幹艦隊の総攻撃で抹消される危険性を指摘する。その危惧は的中し、基幹艦隊が地球に接近。エキセドルの提案を受け、グローバル艦長はブリタイ艦隊との同盟を締結する。

目次に戻る

第27話『愛は流れる』

ボドルザーの基幹艦隊は地球を包囲。その一斉砲撃は地表を瞬時に焦土と化す。決戦前、輝は「みんなのために歌ってほしい」とミンメイを励ます。自軍を鼓舞し敵に動揺を与える効果が期待される、というエキセドルの提案で、ミンメイの歌が全戦闘宙域に発信される。マクロスは戦場に流れる歌声とともに敵旗艦中枢へ進撃する。

目次に戻る

第28話『マイ・アルバム』

ボドルザーの基幹艦隊との決戦から2年。わずかに生き残った人々により地球は復興の兆しを見せつつあった。マクロス・シティをはじめ、各地には都市が再建されていた。輝は、都市周辺のパトロールに従事していたが、その途中、緊急連絡を受信する。ゼントラーディ人が武器を奪い、暴動を起こしたとの通報に、輝は現場に急行する。

目次に戻る

第29話『ロンリー・ソング』

地球に帰化したゼントラーディ人には、平和な生活になじめず不満を持つものたちもいた。彼らが起こす散発的な暴動は各地に広がり、ついにマクロス・シティでも暴動が発生。地球に潜伏していたカムジンとその一味は、不満分子を取り込み組織化していく。一方ミンメイは、歌う目的を見失い、孤独に打ちひしがれていた。

目次に戻る

第30話『ビバ・マリア』

新統合政府は、将来予想される他のゼントラーディ軍や監察軍との遭遇に対処すべく軍備増強を計画。その一環として、ゼントラーディ軍の自動工場衛星の奪取作戦が立案された。作戦遂行のため、ブリタイ艦隊に輝たち地球人を加えた混成部隊を編成。この任務にはマックスとミリアも、一人娘のコミリアを連れて参加していた。

目次に戻る

第31話『サタン・ドール』

マイクローン化装置の強奪を狙うカムジン一味が、トラッド・シティで暴動を起こす。輝の部隊はこれを鎮圧。輝は市長に、装置の管理を新政府へ移すよう勧告する。だが市長は、自治権を理由に輝の提案を拒否する。カムジンは、輝の部隊が撤退した隙を突いてトラッド・シティ襲撃を再開。装置の強奪を成功させるのだった。

目次に戻る

第32話『ブロークン・ハート』

カムジンは、強奪したマイクローン化装置で、仲間の反乱分子に再び巨人の肉体を与える。これにより、カムジンの組織は、一気に勢力を拡大。ミンメイとカイフンを誘拐し、人質にとったカムジンは、新政府に戦艦1隻の引渡しを要求する。輝はカムジン討伐を指揮する未沙を説得し、人質奪回を最優先にした救出作戦を実行する。

目次に戻る

第33話『レイニー・ナイト』

ミンメイへの嫉妬から、輝に厳しい態度で接する未沙。輝のほうもそんな未沙の態度に気分を害し、2人の関係は険悪なムードになってしまう。輝に対して素直になれない自分に悩み、後悔する未沙。クローディアはそんな未沙を気づかい、自らの体験を語る。それは、若き日のフォッカーとクローディアの出会いの物語だった。

目次に戻る

第34話『プライベート・タイム』

輝と未沙は、2人でピクニックに出かける約束を交わす。ところが未沙との約束の当日、突然ミンメイから輝に電話がかかってきた。今すぐ会いたいと話すミンメイ。優柔不断な輝は迷うものの、未沙との約束を反故にし、ミンメイのもとに向かってしまう。その頃、何も知らない未沙は、待ち合わせの場所で輝を待ち続けるのだった。

目次に戻る

第35話『ロマネスク』

クリスマスを迎えたマクロス・シティ。街にはミンメイ失踪の報道が流れていた。自分が歌うことの意味を見失い、逃げるように街を彷徨うミンメイ。彼女が頼れるのは、いまや輝だけだった。その頃、戦力拡大を狙うカムジンは廃棄艦を修復。廃棄艦のエンジン修復用パーツを求め、カムジンは工場街オノギ・シティを襲撃する。

目次に戻る

第36話(最終回)『やさしさサヨナラ』

未沙は輝との関係に悩み、軍を辞めようかと考えていた。一方ミンメイは、輝の家に身を寄せ、輝に軍人を辞めるように説得していた。二人の女性の間で、どちらと決めかねる優柔不断な輝。そんな折り、未沙に対してグローバル艦長は、宇宙移民のための戦艦の艦長就任を打診するのだった。輝に別れを告げに向かう未沙だったが・・・。

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品