僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

アニメ『僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件』
©2017 松本ナミル/KADOKAWA/マジメ過ぎる製作委員会
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。
放送2017年秋
話数全10話
制作ディオメディア、スタジオブラン
声優香坂秋穂:悠木碧/篠崎遥:市来光弘/有山雫:武田羅梨沙多胡/西城梨奈:山田奈都美/篠崎奏多:八木侑紀

普通の学校生活を送り、普通のクラスに属し、普通に恋をし、意を決して告白する……そんな至極まっとうな青春を謳歌していた篠崎遥。だが恋をした相手だけが『普通』ではなかった――。溢れかえる下世話なワードの数々! あからさまに湧き出るエキサイトな性知識!だが、すべては健やかで円満な恋人であるため――そう、これは紛うことなき純愛の物語!

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る

見放題
31日間無料
今すぐ見る
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『やっ、そんなに広げないで下さい…』

初めて出来た彼女は……ちょっぴり、不思議なひとでした――ごく平凡な男子高校生・篠崎遥は、同じクラスの美少女・香坂秋穂に告白し、晴れて恋人関係になる。だが、そんな彼女の第一声は――「とりあえず四十八手を暗記してきますね」。誰よりも性的な知識に対する意欲が旺盛な『しょびっち』こと秋穂!溢れる性のワードに、アダルティな趣向。そこへ遥の幼馴染である有山雫のちょっかいも加わって、遥のエキサイトな日常が加速していく!

目次に戻る

第2話『「そのまま出して!」…って言えばいいの?』

「照れなくても、素直にカナのこと好きって言えばいいよ?」遥の妹・篠崎奏多は兄のことが大好きな、いわゆるブラコン。そんな兄に彼女が出来たと知って、激しく動揺する奏多。秋穂に対して、大好きな兄を取られまいと必死に張り合い始める。そんな中、成績優秀、スポーツ万能の秋穂に意外な弱点が見つかる。それは料理が苦手だということ。料理上手な雫の家で、お料理教室が開かれることになるが……。

目次に戻る

第3話『んっ、二本同時は初めて…です。』

「篠崎さんは、人妻でもいけるのですね」秋穂の家にて、両親の冬実・夏雄と会うことになった遥。貞淑な雰囲気を持つ冬実に出迎えられるも、その口から次々と飛び出すエキサイトなワードに思わず面食らってしまう。秋穂の性に対する勉強熱心さは、母親譲りのものであった。両親公認のもと、遥は秋穂とデートを行い、一緒に花見に行く約束も取り付ける。全てが順調かと思われた矢先、秋穂が突然体調を崩してしまい――。

目次に戻る

第4話『こ、こんな風になるんですのね…。』

「趣味は、毛だらけの男性と戯れる事です」遥たちのクラスに、転入生の西城梨奈がやってくる。梨奈は資産家の令嬢だけが通う名門校から来た、生粋のお嬢様だった。初めての共学に、殿方と友達になってみたいと話す梨奈。遥と秋穂が友人作りを手伝うも、その天然的な発言に振り回されていく。それでも梨奈と友達になった秋穂は、遥を含めて一緒に動物園へ行くことに。

目次に戻る

第5話『破れてたって…どうしよう!?』

「しゃべらずとも恋人の気持ちを悟れるのが、優れた彼女と聞きました」雫、奏多に加えて梨奈も現れたことで、さらに賑やかさを増す遥たちの学園生活。そんな中、今日も今日とて勤勉(?)に遥の彼女を務める秋穂は、さらなる『彼女力』を獲得するため、とある提案を行ってくる。それは、言葉を交さずに彼氏である遙の気持ちを読み取る、といったものだった。時に献身的に、時にエキサイトに、秋穂の遥への奉仕が始まる。

目次に戻る

第6話『ほ、他の人には見せないでね?』

「僕でよければ、すぐにでも用意するよ……穴を」遥たちの同級生に、女生徒にモテモテの美男子・星川聖夜がいた。しかし、そんな彼にも悩みはあった。それは女性人気が原因で、同性の友人に恵まれないこと。遥が友達になると申し出ると、大いに喜ぶ聖夜。だが、その息荒く興奮する様子に、友人以上の好意を感じ、危機感を抱く秋穂。そんな二人が、ソフトボールの大会に向け、二人きりの秘密特訓を始めてしまう……。

目次に戻る

第7話『もう…何も考えられない…』

「野外活動の心得 1.首輪選びが重要 2.犬語以外喋ったらおしおき」学校行事で一泊二日の林間学校へ行くことになった遥たち。自然溢れる山で、登山や夕食づくりなどを行っていく。初めての野外活動&秋穂たちへのツッコミで、いつも以上に大忙しの遥。さらに、夜には『肝試し大会』まで開かれてしまう。そんな中、遥は秋穂と特別な思い出を作るため、少しだけ勇気を出して『とある行動』を取るのであった。

目次に戻る

第8話『そ、そこまでしていいなんて言ってないっ!』

「この下半身ご乱心男~~~~ッ!」クラス委員長の五十嵐沙織は、学内の風紀が乱れつつあることに頭を抱えていた。不純な行為を取り締まるべく、校内を見回っていたところ、遥と奏多を見かける。遥が奏多に不謹慎な行為を行っていると勘違いした五十嵐は、彼を目の敵にし始めるのだった。そんな遥は、昼休みに秋穂を食事に誘う。だが、その時の彼は気づいていなかった。秋穂がノーパンであることに……。

目次に戻る

第9話『いきなりはダメって言ったのにぃぃ!!』

「今日……うち、パパとママもいないんだ……」秋穂とのデートが急遽キャンセルとなり、雫と遊ぶことになった遥。いつもの通り遥に対して過激なスキンシップ(セクハラ)を行う雫だったが、遊び終わりに、意を決して遥を両親のいない家に誘う。そして、なんとそれを了承してしまう遥であった。一方、秋穂はデートの謝罪を兼ねて、遥に特製の手製弁当を振る舞おうと決意するのだが……。

目次に戻る

第10話(最終回)『もう、我慢でき、ませんっ!』

「……好き、ですっ……」テスト前になかなか勉強のはかどらない遥。秋穂に勉強を見てもらうも、違う勉強へとすぐさま脱線してしまう。そこを奏多に誘われ、仕方なく兄妹で一緒に勉強することになる。そんな中、授業で校内の写生を行うことになった遥たち。ふとしたキッカケで、秋穂をモデルにすることになる遥。秋穂の顔をじっと見つめる中で、遥は改めて秋穂への想いを再確認し……。

目次に戻る

第11話(OVA)『お見せ、しちゃい…ましたね…/なんでも言うこと聞きますから~』

目次に戻る