終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?

アニメ『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』
©2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年12月時点のものです。
放送2017年春
話数全12話
制作サテライト、C2C
声優ヴィレム・クメシュ:新井良平/クトリ・ノタ・セニオリス:田所あずさ/アイセア・マイゼ・ヴァルガリス:Machico/ネフレン・ルク・インサニア:上原あかり/ラーントルク・イツリ・ヒストリア:荒浪和沙/ノフト・ケー・デスペラティオ:水瀬いのり/ティアット:水間友美/パニバル:久保ユリカ/ラキシュ:石見舞菜香/コロン:木野日菜/アルミタ:小日向茜/ナイグラート:井上喜久子/グリック・グレイクラック:千葉繁/ライムスキン:小杉十郎太/アルマリア・デュフナー:佐藤聡美/フィラコルリビア・ドリオ:井上ほの花/リーリァ・アスプレイ:佐藤利奈/スウォン・カンデル:麦人

妖精兵器と呼ばれる少女たちと生き残った準勇者との儚くそして切ない物語。地上を正体不明の怪物である〈獣〉たちに蹂躙され、人間を含む多くの種族が滅ぼされた後の世界。かろうじて生き残った種族は地上を離れ、浮遊大陸群(レグル・エレ)と呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしていた。500年後の空の上で目覚めたヴィレム・クメシュは、守りたかったものを守れず、それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたが、思いもよらず始めた兵器管理の仕事の中で、ある少女たちと出会う。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
30日間無料
今すぐ見る

見放題
31日間無料
今すぐ見る
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『太陽の傾いたこの世界で』

浮遊島の街中で、猫を追いかけていた少女、クトリを救ったのは人間で唯一の生き残り、青年ヴィレム。クトリに行きたいところがあると頼まれるヴィレムは、彼女を案内することに。 「うん。夢もかなったし、良い思い出も出来たし、思い残すことはもうないかな」

目次に戻る

第2話『空の上の森の中の』

クトリたちが妖精兵器だと知って驚きを隠せないヴィレム。命に頓着しない彼女たちに、彼女たちの背負っている宿命の大きさを認識する。残り少ない命のクトリは、ヴィレムに最後のお願いをする。「わたしがあと5日で死んじゃうとしたら、もうちょっと優しくしてくれる?」

目次に戻る

第3話『この戦いが終わったら』

妖精兵と聖剣との関係について話をするヴィレムは、クトリに聖剣「セニオリス」の使い方について、身体を張って指南するも無理が祟り、地面に突っ伏してしまう。 「お前が『妖精郷の門』なんぞを開かず、死ななくて良い方法を考えてた」

目次に戻る

第4話『帰らぬ者と、待ち続けた者たち』

クトリたちが戦いに出てから暫くして、ティアットに一人前の妖精兵になる兆しが現れた。ナイグラートの代わりに彼女の検査に同行するヴィレムだが、ティアットに振り回されっぱなしで、、、。 「やっぱり気になる?クトリ達のこと。もう半月も連絡ないものね」

目次に戻る

第5話『誰も彼もが、正義の名のもとに』

15番島での戦いに窮するクトリたち。島を放棄し帰還するよう命令が下る。何としてでも獣を倒して無事帰還したいクトリだが、戦闘中、幼い少女の「声」が聞こえてきて・・・。 「待ってるから、ちゃんと帰って来てよね」

目次に戻る

第6話『消えない過去、消えていく未来』

妖精倉庫に帰って来たクトリ達。大賢者スウォンの元に向かってしまったヴィレムはいない。一方、久しぶりに再会するヴィレムとスウォン。昔話に花が咲く二人だが・・・。 「今はただ、あいつらの元へ早く帰りたい」

目次に戻る

第7話『ただいま帰りました』

地上でサルベイジャーの護衛に就いている妖精兵、ノフトとラーントルクに面会するグリック。自分たちの存在意義に関わる「獣」の存在について、ラーントルクは問いかける。 「俺はもう半分くらいはお前らの親のつもりでいるんだがな」

目次に戻る

第8話『いずれその陽は落ちるとしても』

地上のサルベイジャーの件で49番浮遊島の基地に出頭するように命を受けるヴィレム。妖精倉庫から妖精兵を連れてくるように指示が出るも、気乗りしないヴィレム。 「妖精兵を一人地上に送れと言われた」

目次に戻る

第9話『たとえ未来が見えなくても』

自分が自分でいられるかどうか不安なクトリ。そこへ現れるアイセア。前世の記憶に悩まされていたのはクトリだけではなかった。アイセアは前世の浸食を受けた“ある女の子”の話をする。 「その当時は、いっそ死んでしまおうとも考えた」

目次に戻る

第10話『いまこの時の輝きを』

地上の妖精兵、ラーントルクとノフトと対面したヴィレム。早速、魔力中毒になりかかっていた二人の身体のメンテナンスをしてやる。それでも17種の獣をバラまいた人間族の生き残りであるヴィレムを信用できないラーントルク。 「人間は一体何から獣を生み出したのでしょうか」

目次に戻る

第11話『どうか、忘れないで』

昨日の告白から何となくぎくしゃくしているヴィレムとクトリ、二人はグリックと遺跡で待ち合わせする。そこは、ヴィレムの生まれ故郷、帝国領ゴマグ市。その時、大きな地震が発生、ティメレの大群が出現する! 「幸せに気づくことはできても、幸せになることはできません」

目次に戻る

第12話(最終回)『世界で一番幸せな女の子』

襲いかかるティメレの大群。応戦するネフレン、ラーントルク、ノフトたち。しかし、その圧倒的なティメレの数に徐々に追い込まれていく。ヴィレムもその傷ついた身体でティメレに立ち向かう! 「それでもきっと、あなたの存在はクトリにとって救いだったはずです」

目次に戻る