機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
©創通・サンライズ・MBS
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
※本ページの配信情報は2020年2月7日時点のものです。
話数第1期:全25話
第2期:全25話
放送第1期:2015年秋
第2期:2016年秋
制作サンライズ
声優三日月・オーガス:河西健吾/オルガ・イツカ:細谷佳正/ビスケット・グリフォン:花江夏樹/ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎/昭弘・アルトランド:内匠靖明/ノルバ・シノ:村田太志/タカキ・ウノ:天﨑滉平/ライド・マッス:田村睦心/ヤマギ・ギルマトン:斉藤壮馬/チャド・チャダーン:石谷春貴/ダンテ・モグロ:濱野大輝/クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香/アトラ・ミクスタ:金元寿子/マクギリス・ファリド:櫻井孝宏/ガエリオ・ボードウィン:松風雅也/ラスタル・エリオン:大川透/ハッシュ・ミディ:逢坂良太/ザック・ロウ:古川慎/デイン・ウハイ:木村昴/ラディーチェ・リロト:深川和征/ククビータ・ウーグ:斉藤貴美子/ラスタル・エリオン:大川透/イオク・クジャン:島﨑信長/ジュリエッタ・ジュリス:M・A・O/石動・カミーチェ:前野智昭
【第1期】かつて「厄祭戦」と呼ばれた戦争が終結してから約300年。三日月・オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)は、火星都市クリュセを独立させようとする少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受ける。しかし、武力組織ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSは、三日月ら子供たちを囮にして撤退を始めてしまう。CGSへのクーデターを決意した少年達のリーダー、オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月は、「厄祭戦」時代のモビルスーツ、ガンダム・バルバトスを用いて戦いに挑む。【第2期】主人公、三日月・オーガスが所属する鉄華団は、クーデリア・藍那・バーンスタインの地球への護送からアーブラウ代表指名選挙を巡る戦いで一躍名を上げた。そしてその戦いでギャラルホルンの腐敗が暴かれたことにより、世界は少しずつではあるが確実に変わりつつあった。アーブラウとの交渉で得たハーフメタル利権のもと、テイワズの直系となった鉄華団は資金も潤沢となり入団希望者も増加。その規模は地球にも支部を置くほどとなった。また地球への旅で世界の実情を知ったクーデリアはアドモス商会を設立。現実的・実務的な側面から火星の経済的独立を目指す。だが名を上げ新たな道を歩みだした彼らを快く思わない輩も数多く存在する。アドモス商会が行うハーフメタル採掘場の視察。その護衛を依頼された鉄華団団長オルガ・イツカは新たな敵の襲撃を察知する。オルガの指揮の下、鉄華団、そして三日月はモビルスーツ「ガンダム・バルバトスルプス」と共に敵撃退へと向かう。
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
1ヶ月間無料
今すぐ見る

レンタル
30日間無料
お試しする
※本ページの配信情報は2020年2月7日時点のものです。
目次
  1. 第1話『鉄と血と』
  2. 第2話『バルバトス』
  3. 第3話『散華』
  4. 第4話『命の値段』
  5. 第5話『赤い空の向こう』
  6. 第6話『彼等について』
  7. 第7話『いさなとり』
  8. 第8話『寄り添うかたち』
  9. 第9話『盃』
  10. 第10話『明日からの手紙』
  11. 第11話『ヒューマン・デブリ』
  12. 第12話『暗礁』
  13. 第13話『葬送』
  14. 第14話『希望を運ぶ船』
  15. 第15話『足跡のゆくえ』
  16. 第16話『フミタン・アドモス』
  17. 第17話『クーデリアの決意』
  18. 第18話『声』
  19. 第19話『願いの重力』
  20. 第20話『相棒』
  21. 第21話『還るべき場所へ』
  22. 第22話『まだ還れない』
  23. 第23話『最後の嘘』
  24. 第24話『未来の報酬』
  25. 第25話(第1期 最終回)『鉄華団』
  26. 第26話『新しい血』
  27. 第27話『嫉心の渦中で』
  28. 第28話『夜明け前の戦い』
  29. 第29話『出世の引き金』
  30. 第30話『アーブラウ防衛軍発足式典』
  31. 第31話『無音の戦争』
  32. 第32話『友よ』
  33. 第33話『火星の王』
  34. 第34話『ヴィダール立つ』
  35. 第35話『目覚めし厄祭』
  36. 第36話『穢れた翼』
  37. 第37話『クリュセ防衛戦』
  38. 第38話『天使を狩る者』
  39. 第39話『助言』
  40. 第40話『燃ゆる太陽に照らされて』
  41. 第41話『人として当たり前の』
  42. 第42話『落とし前』
  43. 第43話『たどりついた真意』
  44. 第44話『魂を手にした男』
  45. 第45話『これが最後なら』
  46. 第46話『誰が為』
  47. 第47話『生け贄』
  48. 第48話『約束』
  49. 第49話『マクギリス・ファリド』
  50. 第50話(第2期 最終回)『彼等の居場所』
  51. シリーズ/関連のアニメ作品
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『鉄と血と』

三日月が所属する火星都市クリュセの民間警備会社CGSは、クーデリアという少女が地球に行くまでの護衛を請け負う。地球への準備を進める最中、クーデリアの命を狙ったギャラルホルンがCGSを強襲する。

目次に戻る

第2話『バルバトス』

ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSの大人たちは、三日月ら子供たちを囮にして逃げ出してしまう。残された子供たちを束ねるオルガは、ギャラルホルンと相対することを決意。ある計画を実行に移す。

目次に戻る

第3話『散華』

三日月とガンダム・バルバトスによって、多くの犠牲を出しながらも一度はギャラルホルンを退けたオルガたち。今後の動向を話し合う中、再びギャラルホルンのモビルスーツであるグレイズがCGS基地に現れる。

目次に戻る

第4話『命の値段』

自分が原因で多くの少年が命を落としたと思い悩むクーデリア。三日月はそんなクーデリアを連れ、ビスケットの祖母が営む農場に赴く。そこでは思いもよらない出会いが待っていた。

目次に戻る

第5話『赤い空の向こう』

地球に向かうため、ついに火星を後にするクーデリアと鉄華団。迎えの船を待つため、シャトルで低軌道ステーションへと入港しようとするが、コーラルの率いるギャラルホルンの襲撃を受ける。

目次に戻る

第6話『彼等について』

ギャラルホルンの監視の下、地球を目指すには案内役を必要とする鉄華団の面々。強力な後ろ盾を得るべく、木星圏を拠点とするテイワズとの交渉を取り付けようとする。

目次に戻る

第7話『いさなとり』

テイワズの輸送部門を管理するタービンズと接触した鉄華団だったが、組織の成り立ちと資産を巡り、タービンズと対立することになってしまう。

目次に戻る

第8話『寄り添うかたち』

タービンズを率いる名瀬に鉄華団の力と正当性を見せたオルガ達は、あらためてテイワズとの交渉をもちかける。一方で、塞ぎ気味なクーデリアを連れてアトラはタービンズの戦艦を訪れる。

目次に戻る

第9話『盃』

テイワズの代表、マクマード・バリストンに会うため、名瀬に連れられてテイワズの本拠地である歳星を訪れる鉄華団。そこでオルガは名瀬から意外な提案を受ける。

目次に戻る

第10話『明日からの手紙』

バルバトスの最終調整のため三日月と雪乃丞を歳星に残し、地球へ先立つ鉄華団とタービンズ。歳星での出来事はそれぞれの心境に変化を与えていた。

目次に戻る

第11話『ヒューマン・デブリ』

哨戒に出ていた昭弘とタカキは、正体不明の敵と遭遇し戦闘状態に入る。襲撃者の正体は火星から地球にかけて活動する海賊のブルワーズだった。

目次に戻る

第12話『暗礁』

ブルワーズのMSパイロットの中に生き別れた昭弘の弟がいることを知った三日月とオルガ。昭弘の弟を取り戻すべく、鉄華団はブルワーズに挑む。

目次に戻る

第13話『葬送』

ブルワーズとの戦闘では敵味方ともに多くの犠牲が出てしまう。残された者は死んだ者たちが生まれ変われることを祈りながら葬儀を執り行う。

目次に戻る

第14話『希望を運ぶ船』

様々な困難を乗り越え、ついに地球を目前にする鉄華団。歳星でテイワズから輸送依頼を受けていた荷物を届けるべくドルトコロニー群に向かう。

目次に戻る

第15話『足跡のゆくえ』

コロニーでも火星同様に地球との格差は大きく、不満が高まっていた労働者たちの抗議行動が始まってしまう。次第に激化する中、鉄華団は様々な思惑に飲み込まれていく。

目次に戻る

第16話『フミタン・アドモス』

雇用主である会社に抗議行動を起こしたコロニー労働者は過激さを増していき、遂にはギャラルホルンが介入するまでの事態に発展する。クーデリアは知らない内にその中心へと追い込まれてしまう。

目次に戻る

第17話『クーデリアの決意』

ギャラルホルンに一方的に弾圧される労働者たちを目の当たりにするクーデリアと鉄華団。コロニーの実状を前にクーデリアはある決意をする。

目次に戻る

第18話『声』

コロニーを後にし、遂に地球へ降下しようとする鉄華団だが、コロニーでの一件によりその術を失ってしまう。そんな彼らを支援しようと名乗りをあげた者が鉄華団に接触する。

目次に戻る

第19話『願いの重力』

ギャラルホルンの艦隊が行く手を遮る中、クーデリアの願いを受け、地球降下を果たそうとする鉄華団。ギャラルホルンとの戦闘は苛烈を極めていく。

目次に戻る

第20話『相棒』

地球へ辿り着いた鉄華団は、アーブラウの代表、蒔苗東護ノ介とクーデリアを引き会わすことに成功する。しかし、蒔苗をエドモントンで行われる全体会議に連れて行くことを余儀なくされてしまう。

目次に戻る

第21話『還るべき場所へ』

エドモントンへの出発準備を進める最中、ギャラルホルンの襲撃を受けてしまう。執拗な追撃に対し、オルガは罠を張り巡らせて応戦する。

目次に戻る

第22話『まだ還れない』

ギャラルホルンとの度重なる戦闘で疲弊する鉄華団だが、エドモントンへ向かう意志は強く、歩みを進める。

目次に戻る

第23話『最後の嘘』

エドモントンを目指す鉄華団の前に、決闘を望むカルタが立ち塞がる。しかし、三日月たちはその歩みを止めることなく前に進む。

目次に戻る

第24話『未来の報酬』

ついにエドモントンに到着したオルガたち鉄華団だが、蒔苗の会議場への到着を妨げようとするギャラルホルンの攻撃を受けてしまう。

目次に戻る

第25話(第1期 最終回)『鉄華団』

鉄華団とギャラルホルンの激しい攻防戦の続く中、現れる新たな脅威。三日月はクーデリアたちを守るため単身これに挑む。

目次に戻る

第26話『新しい血』

三日月が所属する鉄華団はクーデリアから、ハーフメタル採掘場視察の警護を依頼される。鉄華団の警備の下、視察の日程は無事に終了しようとしていた。しかし突如現れた宇宙海賊によって、鉄華団は強襲を受けてしまう。

目次に戻る

第27話『嫉心の渦中で』

犠牲者は出たものの、無事、宇宙海賊「夜明けの地平線団」を退けることに成功した鉄華団。しかし撃退したのは巨大な宇宙海賊の一部隊だったということが判明。オルガは更なる襲撃に対し迎え撃つことを決意する。

目次に戻る

第28話『夜明け前の戦い』

可能な限りの戦力を投入し、夜明けの地平線団団長サンドバル・ロイターの捕獲に向かう鉄華団。戦力差に苦戦する中、ギャラルホルン月外縁統合艦隊アリアンロッドも参戦。鉄華団、アリアンロッド艦隊、夜明けの地平線団の三つ巴の混戦になってしまう。

目次に戻る

第29話『出世の引き金』

夜明けの地平線団による襲撃の落とし前を付けるため、三日月とオルガは思想家団体テラ・リベリオニスのアリウムの元を訪れる。一方、ギャラルホルン火星本部にはマクギリスが到着。鉄華団にある誘いを持ちかける。

目次に戻る

第30話『アーブラウ防衛軍発足式典』

アーブラウの軍事顧問となった鉄華団地球支部は、アーブラウ防衛軍結成式典の準備で慌ただしくなっていた。蒔苗の依頼で、式典会場の警備を担当する鉄華団。しかし、会場からは爆音とともに黒煙が昇る。

目次に戻る

第31話『無音の戦争』

アーブラウとSAUによる経済圏同士の紛争は、両軍がにらみ合うバルフォー平原で開戦。ガラン・モッサの指揮の元、鉄華団も戦闘に加わるが、連日続く消耗戦に疲弊していく。

目次に戻る

第32話『友よ』

SAUからの調停要請を引き受けたギャラルホルン。長引く戦況を打開するためマクギリスは自らモビルスーツで戦場へ出撃する。アーブラウ側の戦力を削るマクギリスのもとに、ガラン率いる一隊が急襲する。

目次に戻る

第33話『火星の王』

SAUとアーブラウ、両経済圏が和平調停を受け入れたことで戦いは終わる。鉄華団は犠牲となった団員を偲びつつ地球からの撤退を決定する。

目次に戻る

第34話『ヴィダール立つ』

地球での一件を経て鉄華団とマクギリスとのつながりはより強固なものとなる。一方、アリアンロッド艦隊で調整中だったガンダム・ヴィダ―ルが、遂にロールアウトする。

目次に戻る

第35話『目覚めし厄祭』

鉄華団が管理する採掘場から発見された、巨大な物体。物体の正体についてオルガから連絡を受けたマクギリスは火星を秘密裏に訪問することを決断する。

目次に戻る

第36話『穢れた翼』

目覚めたモビルアーマーは大量のサブユニットを引き連れ、人口密集地に向け侵攻を開始。鉄華団は侵攻を食い止めようとするが、その圧倒的な力と数に翻弄される。

目次に戻る

第37話『クリュセ防衛戦』

数で不利な鉄華団は、マクギリスに協力を仰ぎ、モビルアーマー掃討作戦を実行に移す。そんな中、モビルアーマーに対峙したバルバトスに異変が起こる。

目次に戻る

第38話『天使を狩る者』

絞り出すようにバルバトスの力を引き出す三日月。モビルアーマーとの戦闘が、激しさを増していく。

目次に戻る

第39話『助言』

タービンズから出向していたラフタらが、鉄華団を離れることに。一方テイワズでは、組織のNO2、ジャスレイ・ドノミコルスが新たな動きを画策していた。

目次に戻る

第40話『燃ゆる太陽に照らされて』

危機に陥ったタービンズへの救援を止められた鉄華団。名瀬の思いを受け止め自制するオルガだったが…。

目次に戻る

第41話『人として当たり前の』

歳星にて葬儀がつつましく執り行われる。ただジャスレイはさらなる手を打とうとしていた。

目次に戻る

第42話『落とし前』

バルバトスの改修も終わり戦力を整えた鉄華団。意を決してジャスレイとの直接対決に向かう。

目次に戻る

第43話『たどりついた真意』

ギャラルホルン地球本部が青年将校たちのクーデターにより制圧される。その最中、本部地下施設へと向かうマクギリスの姿があった。

目次に戻る

第44話『魂を手にした男』

クーデターに対しラスタル・エリオン率いるアリアンロッド艦隊は全隊を集結させようとしていた。

目次に戻る

第45話『これが最後なら』

紆余曲折の末、鉄華団もアリアンロッド艦隊との戦いに臨むこととなるが…。

目次に戻る

第46話『誰が為』

鉄華団は起死回生の一撃と共に戦場からの離脱を図る。一方マクギリスとガエリオの戦いも熾烈を極めていた。

目次に戻る

第47話『生け贄』

鉄華団は火星本部へと帰還し仕切り直しを図る。しかし情勢は一変していた。

目次に戻る

第48話『約束』

苦境に立たされた鉄華団。そして火星本部周辺にはギャラルホルンの大部隊が展開し始める。

目次に戻る

第49話『マクギリス・ファリド』

ギャラルホルンによる鉄華団掃討作戦。その開始の時が刻々と迫っていた…。

目次に戻る

第50話(第2期 最終回)『彼等の居場所』

ギャラルホルンは鉄華団掃討作戦を開始する。立ち向かう、鉄華団の未来は――。

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品