アルゴナビス from BanG Dream!

アニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』
©ARGONAVIS project. ©DeNA Co., Ltd. All rights reserved.©bushiroad All Rights Reserved.
\この作品を見るならココ!/
\この作品を見るならココ!/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る
話数全13話
放送2020年春
制作サンジゲン
声優七星蓮:伊藤昌弘/五稜結人:日向大輔/的場航海:前田誠二/桔梗凛生:森嶋秀太/白石万浬:橋本祥平

北海道、函館。ヨーロッパと日本文化が融合した、華やかな建物が並ぶ街――この街で僕たちは出会い、ぶつかりあい、そして輝く大ステージへと運命の船を漕ぎ出していく。やがてこの歌が運命だったと気づく。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
31日間無料
今すぐ見る

未配信
2週間無料
お試しする
注意

Anitubeなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変なことになりますので、安全に視聴するために動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『光あるところへ』

コミュニケーションが苦手なため、孤独に過ごす大学生・七星 蓮。 幼い頃に見たライブステージの熱狂を忘れられず、その正体を探す日々を送っていた。 そんなある日、一人カラオケで歌う蓮を結人と航海が見つける。ボーカルを探していた二人は、蓮の歌声に衝撃を受けた。 「これは運命だ! 一緒にバンドをやるぞ!」 しかし突然のことに蓮は逃げ出してしまい…… やがて運命になる、彼らの航海がはじまる。

目次に戻る

第2話『天才と熱狂』

夜の大学でピアノを弾いている青年に出会った結人。 その圧倒的な演奏に惹かれ、彼をキーボードとしてバンドに迎えたいと考える。 しかしそれに難色を示したのは航海だった。 彼――『天才』桔梗凛生には、良くない噂もあったからだ。 噂の真相、そしてすべてを諦観の瞳で見つめる凛生の過去とは——?

目次に戻る

第3話『僕たちの出航』

最後のバンドメンバー、ドラムを探す蓮たち。 そこに自らを売り込んできた青年。白石万浬。 お金を稼ぐためにバンドに参加したいと言い放つ彼を、メンバーは受け入れることができない。 そんなとき、練習スタジオで『道場破り』を繰り返すスーパードラマーの噂が入ってくる。 噂のドラマーをスカウトしようと奔走するメンバーだったが……?

目次に戻る

第4話『夢と現実の間に』

ついにメンバーも揃い『Argonavis(アルゴナビス)』として出航を果たした蓮たち。 渾身の新曲も完成間近で、先行きは明るい。 そこで結人はライブハウスでのファーストライブを提案する。 波に乗るメンバーは開催当日に向かい、練習に打ち込んでいく。 不安そうな表情をしているのは、心配性の航海だけ。 果たして、記念すべきファーストライブは成功を収めるのか?

目次に戻る

第5話『過去からの決別』

札幌で活躍するバンド『GYROAXIA(ジャイロアクシア)』の前座として声がかかったArgonavis。 しかし出演について、結人と他のメンバーとの間で意見が分かれてしまう。 不自然なほどに出演を拒否する結人には、どうやら話したくない過去があるようだ。 メンバーにわだかまりを残したまま、GYROAXIAのライブ当日は近づいていく。

目次に戻る

第6話『流星雨』

GYROAXIAの前座としての演奏を成功させたArgonavis。 GYROAXIAの生み出す熱はそれをはるかに上回っていた。 しかし蓮たちの手ごたえは確か。いつか前座ではなく対バンを、と意気込む。 そんな明るい未来を語る彼らは、酷く思いつめている様子の結人には気づかなかった。

目次に戻る

第7話『波間を越えて』

GYROAXIAとの対バンが決まったArgonavis。 それに異を唱えたのがGYROAXIAのボーカル・旭 那由多だった。 傍若無人な天才として君臨する彼は、蓮に対して思うところがあるようだ。 しかし強引に対バンをさせようとするGYROAXIAのマネージャー・摩周は、那由多が歌わないのならArgonavisの単独ライブにするとさえ言い放つ。 対バンライブの先行きに、不穏な空気が漂い始めた。

目次に戻る

第8話『共鳴』

GYROAXIAのリーダー・賢汰によって、那由多の葛藤が語られる。 メンバーでさえ替えがきくパーツでしかないGYROAXIAのすべて。旭 那由多。 そんな彼が初めて意識し、彼を揺るがせたのが蓮の歌だという。 那由多と一緒に歌いたいと訴える蓮に対し、那由多は言い放つ。 「俺の心を少しでも動かせたら、考えてやってもいい」

目次に戻る

第9話『未知への挑戦』

GYROAXIAとのライブを終えたArgonavis。 そこに『ディスティニー・ロック・フェス』の出場を争う5バンドのうちの1つに選ばれたという知らせが届く。 幼い頃に見たステージに立てるかもしれない—— 湧き立つ蓮とメンバーだが、結成して間もないArgonavisは他の4バンドと比べ知名度で勝つことができない。 窮地に立つArgonavisは、一発逆転の策を思いつくことができるのか?

目次に戻る

第10話『限界突破!』

フェスへの出場を勝ち取ったArgonavisの元に、有名アーティストの参加が知らされる。 押し出される形で出場権は取り消しとなってしまった。 意気消沈するメンバーに対し蓮は、それでもフェスを見に行こう、そして次への覚悟を決めよう。と呼びかける。 そしてようやく前へと歩き始めた彼らの裏で、GYROAXIAのマネージャー・摩周が暗躍し始めていた——

目次に戻る

第11話『運命の場所へ』

ディスフェス会場へと向かい出発したArgonavis。 凛生手作りのサンドイッチに舌鼓を打ち、わいわいと賑やかな車内に、ディスフェス出演のバンドを紹介するラジオが流れる。 GYROAXIA、Fantôme Iris、風神RIZING!、εpsilonφ、―― 個性豊かなバンドがフェス会場に結集するさなか、暗雲が近づいていた。

目次に戻る

第12話『ゴールライン』

天候が回復し、ディスフェス2日目は開催されることに。 しかし台風の影響によって、タイムテーブルに穴が空いてしまう。 苦肉の策としてArgonavisに出演を依頼した摩周だったが、結人たちはそれを断る。 穴が空いたまま進むタイムテーブルの中、GYROAXIAの演奏が始まるーー。

目次に戻る

第13話(最終回)『Pray』

幼い日に見たステージ——その上で蓮は全力を出し尽くした。 熱狂に包まれるArgonavisと、 その熱に呼応するかのよう鳴りやまないオーディエンスの声。 確かな手応えを感じるArgonavisを待ち受ける運命とはーー。

目次に戻る

シリーズ/関連のアニメ作品